伊藤美誠は「どんな困難にも立ち向かいタイトルを獲得」 WTTが世界9位浮上を称賛、驚異の98人抜きの橋本帆乃香も激賞

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

伊藤美誠は「どんな困難にも立ち向かいタイトルを獲得」 WTTが世界9位浮上を称賛、驚異の98人抜きの橋本帆乃香も激賞
伊藤美誠(C)WTT

国際卓球連盟(ITTF)は9日、2024年第28週の世界ランキングを発表。「WTTスターコンテンダー バンコク」の女子シングルスで優勝した伊藤美誠(スターツ)がひとつ順位を上げて9位に入った。

WTT公式はおよそ1年半ぶりの復活優勝を成し遂げた伊藤について称賛。また、今大会で躍進を見せた日本選手についても言及している。

◆伊藤美誠が見せたカットマンキラーぶり「驚異的な数字」 大会公式が復活を称賛「卓球界にミマ・イトウが戻った」

■2023年2月以来のWTTシリーズ制覇

伊藤は準々決勝でベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)、準決勝でソ・ヒョウォン(韓国)を下すと、決勝では予選から勝ち上がった橋本帆乃香(ミキハウス)と対戦。同士討ちとなった試合を4-2で制し、2023年2月の「WTTコンテンダーアンマン」以来1年半ぶりとなるWTTシリーズ優勝で復調を印象付けた。

直近の世界ランキングで順位を上げた伊藤についてWTT公式サイトも言及。「タイの首都で1週間を通して素晴らしいプレーを見せたイトウは最初から最後まで落ち着きと自信を見せ、どんな困難にも立ち向かい、今年初のタイトルを獲得した」と称賛。

また、世界1位に向けて国際大会出場を続ける伊藤に対して、「本来の自分を取り戻すには長い道のりがまだあるが、元世界ランキング2位のイトウがバンコクのようなレベルをシーズン後半まで維持できれば、すぐに高みに到達できるだろう」と期待を寄せている。

なお、今大会で伊藤に敗れたものの、予選から決勝まで勝ち上がりインパクトを残したのが橋本。日本の名カットマンは印象的な活躍を見せ大会を盛り上げ、発表された世界ランキングでは139位から41位に98ランクアップし躍進した。

WTTも橋本について言及し、「最高レベルで戦うために何が必要か知っている」と激賞。「2017年に世界ランキング13位という輝かしい位置にいた日本のカットマンは、カムバックの道を歩み、WTTスターコンテンダーのデビュー戦で大きなインパクトを残した」と評価した。

今大会では日本勢が全種目を制覇するなど、バンコクの地で各選手が印象的な活躍を見せつけた。

Advertisement


橋本帆乃香(C)WTT

◆伊藤美誠が見せたカットマンキラーぶり「驚異的な数字」 大会公式が復活を称賛「卓球界にミマ・イトウが戻った」

◆【動画あり】復活Vの伊藤美誠、橋本帆乃香との“超絶ラリー”に脚光 実況は大興奮、大会公式は「ベストポイント」と絶賛の嵐

◆伊藤美誠、1年半ぶりの“復活V”に喜び爆発「とてもとても嬉しい」 橋本帆乃香との熱戦制し会心ガッツポーズ