【MLB】今永昇太「6回以上無失点」4度目は今季のリーグ最多タイに メジャー“最強打線”オリオールズ相手に快投

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】今永昇太「6回以上無失点」4度目は今季のリーグ最多タイに メジャー“最強打線”オリオールズ相手に快投
カブスの今永昇太(C)Getty Images

カブス今永昇太投手は10日(日本時間11日)、敵地でのオリオールズ戦に先発登板。6回100球6安打6奪三振1四球無失点の快投で、今季8勝目を挙げた。

今季17度目の先発で、6回以上を無失点で抑えたのは4度目。カブス公式Xによると、今季のナ・リーグで最多記録に並んだとのこと。

◆【動画アリ】今永昇太は「オールスターである理由を証明」 6回無失点快投で8勝目に記者も脱帽「素晴らしいパフォーマンス」

■「防御率2.97」はリーグ5位

今季のオリオールズはチーム本塁打数が147本、OPS.772で全球団トップ。ガナー・ヘンダーソン内野手や、アドリー・ラッチマン捕手ら若手の主力が台頭し、メジャー最強打線を形成している。

今永は初回、四球と左前打でピンチを迎えるも4番アンソニー・サンタンデール外野手、5番ジョーダン・ウエストバーグ内野手を連続三振に打ち取り無失点の立ち上がり。2回、3回も走者を背負いながら要所を締めて切り抜けると、6回1死二、三塁のピンチでもオースティン・ヘイズ外野手とホルヘ・マテオ内野手を連続三振に打ち取った。

今永はこの試合、6回100球6安打6奪三振1四球無失点の好投。今季4回目の「6回以上無失点」を記録し、今季のナ・リーグタイ記録となった。8勝目を挙げ、防御率は2.97でナ・リーグ5位に浮上。試合はカブスが4-0で勝利した。

MLB公式のデータページ『Baseball Savant』によると、この日100球の内訳は、最速94.3マイル(約151.7キロ)のフォーシームが53球、スプリット(本人曰くチェンジアップ)36球、スイーパー6球、カーブ5球だった。フォーシームで2つ、スプリットで4つの計6奪三振、オールスター出場に恥じない最高の投球を見せた。

◆【動画アリ】今永昇太は「オールスターである理由を証明」 6回無失点快投で8勝目に記者も脱帽「素晴らしいパフォーマンス」

◆【動画アリ】今永昇太のオールスター出場を、同僚らが笑顔で祝福 指揮官も絶賛「偉大な選手の証、評価を受けるにふさわしい」

Advertisement


◆今永昇太の快進撃は続く、米メディアが疑問「なぜ昨季オフ、多くの球団がこの男を見逃したのか」