幼い頃からの夢を叶えたアザール、レアル入団発表イベントは5万人のサポーターでお祭り騒ぎ

レアル・マドリードが6月13日、公式インスタグラムを更新。この日、本拠地のサンチャゴ・ベルナベウで行われた、ベルギー代表エデン・アザール選手の入団発表イベントの様子を投稿した。

移籍金約120億円とも噂される大物フォワードを一目見ようと集ったおよそ5万人ものサポーターにより、スタジアム全体がお祭り騒ぎとなっている様子が紹介されている。

アザール選手がユニフォームのエンブレムにキスするシーンでは、まるで試合でゴールを決めたかのような大歓声が。

この投稿をInstagramで見る

😘🛡 We LOVE this! #WelcomeHazard | #HalaMadrid

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)がシェアした投稿 –

マドリディスタ(レアル・マドリードのファンを指す呼称)達からは、偉大なるチームの一員となった新たなスター選手を大いに歓迎するメッセージが寄せられている。

  • Welcome new legend(新たなレジェンドよ、ようこそ!)
  • Welcome to the best club in the World(世界最高のクラブへようこそ!)
  • Watch out, Barca !! (バルセロナよ、見たか!!)
  • I can’t wait for the new season(新しいシーズンが待ちきれない)
  • Can new season start right now?(今すぐ新シーズンを始めよう!)
  • Wich number will he be wearing because i wanna buy his shirt(エデンの背番号は何番になるんだ?早くエデンの番号のユニフォームが着たいんだ!)※6月13日に背番号は「7」になることが報道された

幼い頃から「レアル入団」が夢だったアザール

地元ベルギーの「AFCテュビズ」でユース時代を過ごしたアザール選手は、2005年に14歳でフランスのリーグ・アン「LOSCリール・メトロポール」に入団。16歳でデビューを果たす。

2008-09シーズンにはベルギー人選手初のリーグ・アン最優秀若手選手賞を受賞するなど、その才能には早くから多くの注目が集まっていた。

2012年には多くのビッグクラブへの移籍可能性が噂される中、イングランド・プレミアリーグの名門「チェルシーFC」に入団。今年5月にはクラブの個人賞を独占するなど、輝かしい活躍を見せた。

そんなアザール選手だが、実は幼い頃からレアル・マドリードでプレーすることが夢であったことを公言している。

この投稿をInstagramで見る

To my Chelsea friends and family

Eden Hazardさん(@hazardeden_10)がシェアした投稿 –

初めてゴールを決めた瞬間から夢見ていたという、レアル・マドリードへの入団。アザール選手がサポーターに見せてくれるであろう、夢のようなプレーに期待したい。

≪関連記事≫
ベルギー代表エデン・アザールってどんな人?生い立ちや人柄、私生活に迫る

マコーレ・カルキンにそっくりと話題のデ・ブライネが「ホームアローン」再現動画に出演

ベルギー代表ルカクへのドッキリ動画が面白い!W杯3位の秘訣は選手同士の仲の良さ?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします