馬場雄大、シェーファーアヴィ幸樹がRADWIMPS野田洋次郎と対面

6月24日にアルバルク東京の馬場雄大選手がインスタグラムを更新した。チームメイトのシェーファーアヴィ幸樹選手、ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎さんと撮影した3ショットを公開している。

全国ツアー中のRADWIMPSは6月22日、23日にZOZOマリンスタジアムで公演。2日間で約7万人が集まったライブを馬場選手も楽しんだようだ。

投稿では「発せられる一つ一つの言葉。歌声。一度にあんなに多くの人を魅了し、一体になる瞬間を初めて生で体感する事が出来ました。最高」と感激を綴っている。

シェーファーアヴィ幸樹選手もインスタグラムを更新して、小さいころから憧れていたという野田さんとの対面に「歌も演出もトークも全てが良くてあっという間の時間だった。一生忘れない宝物です」と興奮冷めやらない様子。

ファンからは「素敵な交流」といったコメントが寄せられたほか、3人が並ぶと野田さんが小柄に見えるといった感想も。

野田さんの身長は180cmと言われており、成人男性の平均身長を大きく上回る長身だが、それでも2人と並ぶと身長差がかなりある。Bリーガーの体格に改めてファンからも驚きの声が漏れた。

  • 「洋次郎が小さく見える」
  • 「すごい!洋次郎がこんなに小さく見える笑」
  • 「野田さんも結構大きいはずなのに…」

《関連記事》

アルバルク東京・馬場雄大が駆け抜けたプロ1年目…濃密なシーズンに「様々な経験をさせて頂きました」

八村塁の快挙に、地元・富山県民も歓喜?朝乃山関の大相撲夏場所優勝もあわせて「富山激アツ」

八村塁の指名で再脚光の岡山恭崇、38年前のドラフトで指名された“幻のNBAプレーヤー”

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします