イニエスタがJリーグに?その衝撃をサッカー知らない人のために説明すると

今シーズン限りでFCバルセロナを退団するアンドレス・イニエスタ選手。

長くバルセロナとスペイン代表を支えてきた天才MFの移籍先が、日本のヴィッセル神戸ではないかとして注目を集めている。
※2018年5月23日の報道でヴィッセル神戸への移籍が確定

5月18日にスポーツ報知がヴィッセル神戸とイニエスタが合意したと伝えたことにより、日本のツイッター上では「イニエスタが日本のJリーグに来る衝撃をサッカー知らない人のために説明する」という大喜利が始まった。

イニエスタ入団はどれくらいすごい?

サッカーを詳しく知らない、イニエスタ選手の世界的な評価が分からない人のために、どれくらいすごいことなのか喩えようと始まった大喜利には、この衝撃を身近なもので喩えようとする投稿が多く寄せられている。

ポルト大学大学院でスポーツ科学と指導論を学びながら、ポルトガルのクラブで指導者としても活動する林舞輝さんは、「テラスハウス軽井沢編にトム・クルーズが入居してくる感じです」とハリウッドの大物俳優来日に喩えた。

思い出されるジーコ来日の衝撃

イニエスタ入団合意報道で古くからのJリーグファンは、鹿島アントラーズにジーコさんが入団したときを思い出したようだ。

Jリーグ初期には日本の経済事情が現在よりよかったこともあり、ジーコさんのほかにもワールドカップ(W杯)で活躍した名プレイヤーたちが来日して日本のサッカーを盛り上げた。

しかし、ジーコさんが一度引退してからの復帰だったように、その多くはキャリア最晩年で選手としてはピークを過ぎた時期の入団だった。

ジーコが鹿島アントラーズを訪問!クラブの礎を築いたレジェンドの功績を振り返る | SPREAD

今年34歳になったイニエスタ選手も、スピードやフィジカル面では最盛期を過ぎたと言われるが、テクニックやピッチを見渡す視野は依然として超一流。

今夏のW杯にもスペイン代表で出場するのが確実視されているだけに、当時を知るファンでも衝撃は大きいようだ。

※2018年5月23日:編集部追記
ヴィッセル神戸がイニエスタ選手を獲得することを認めたので、その旨を追記致しました。

SPREAD公式Twitterはこちら

イニエスタの推定年俸32.5億円ってどれだけ凄いの?国内スポーツと比較すると、その凄まじさがわかった

イニエスタに続いてトーレスまで?大物のJリーグ入りはDAZNマネーの恩恵か