ガンを克服したトンガ代表ナシ・マヌ、試合後に家族と語らう姿が感動を呼ぶ

(c)Getty Images

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』は9月22日も3試合が行われた。札幌ドームでは世界ランキング3位のイングランドが同15位のトンガと対戦し35-3で勝利している。

初戦を落としたトンガだが、試合前に見せた戦いの儀式『シピタウ』で札幌の観客を魅了。さらに大会公式ツイッターは試合後のトンガ選手と家族の語らいを「感動的な瞬間」と取り上げた。

注目されたのはトンガ代表のナシ・マヌ選手。過去にはスーパーラグビーのハイランダーズでキャプテンを務めたこともある経験豊富な選手だが、彼が4年に1度の舞台にたどり着くまでには病との戦いがあった。

「#RWC2019での初試合後、ナシ・マヌと彼の家族との感動的なひととき。彼が乗り越えてきた逆境は信じられないほどで、このピッチで彼を見られるのは素晴らしいことです」

W杯前年にガンと診断される

マヌ選手が医師から告げられた病名は精巣ガン。診断はW杯を翌年に控えた2018年に下った。

予想外の出来事に襲われたマヌ選手だが、トンガ代表としてW杯に出場する夢をあきらめてはいなかった。イタリアのベネトンでプレーする彼は、一刻も早い復帰を目指し手術と化学療法による治療を開始。

その活動を応援するため、ベネトンのチームメイトたちも頭を丸刈りにした。

「ラグビーの試合前には必ず友情、家族、サポートについて話をします。これは単なるレトリックではなく、あなたと一緒にいることを示すためのジェスチャーです」

仲間の励ましも受けたマヌ選手は、ガンという難敵との戦いを克服し代表復帰を果たした。イングランド戦では57分から途中出場している。

この1年で受けた愛とサポートを胸にW杯へ

大会直前に札幌で受けた歓迎式典では感極まり、涙したマヌ選手。やはり大病を克服して臨むW杯には一方ならぬ思いがあるようだ。

「ここに立つと、私はこの1年間の旅と、今日ここに立つまでサポートしてくれた全ての人のことを考えずにはいられません。心から感謝します、あなたの愛とサポートを決して忘れません」

トンガ代表の次節は28日に大阪の花園ラグビー場でアルゼンチンと対戦する。逆境を乗り越えてきたマヌ選手のプレーに注目だ。

≪関連記事≫

トンガ代表サポーターのシャツに「高知家」 事前キャンプで高知の魅力を満喫

リーチ・マイケル、試合後にロシア代表ロッカーを訪れて刀をプレゼント ノーサイド精神溢れる展開

ラグビーW杯日本大会が開幕!過去大会の名シーンを写真で振り返る


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします