宇佐美貴史、実家で誕生日と優勝のお祝い!長女の行動で家族が笑顔に

シーズンを終え帰国したフォルトゥナ・デュッセルドルフの宇佐美貴史選手。家族との再会を果たし、実家で心安らぐ一時を過ごしたようだ。

奥様の宇佐美蘭さんがインスタグラムを更新して、長女・菫ちゃんと触れ合う様子を公開している。

実家で誕生日と優勝のお祝い

FCアウグスブルクで得られなかった安定した出場機会を求めて、シーズン途中にデュッセルドルフへ期限付き移籍した宇佐美選手は、そこでチームの主力選手として活躍しブンデスリーガ2部優勝と来シーズンの1部昇格を勝ち取った。

デュッセルドルフへのレンタル期間は今シーズン終了までだが、チームも宇佐美選手も残留に前向きとドイツメディアで報じられており、来シーズンの去就にも注目が集まっている。

大仕事をやり遂げた宇佐美選手は達成感を胸に帰国し、空港では愛娘の菫ちゃんと蘭さんに出迎えられ、久しぶりの再会を喜んでいた。

帰国の宇佐美貴史、愛娘の出迎えに幸せそうな表情を浮かべる

その後は家族揃って宇佐美選手の実家に行ったようで、蘭さんは「夫の実家に行ったら…先日の夫の誕生日と二部優勝をお祝いしてくれました」とインスタグラムを更新。

5月6日に26歳になったお祝いと、2部優勝の祝賀会を兼ねてケーキがプレゼントされた。

菫ちゃんの行動で家族が笑顔に

宇佐美選手は片時も離したくないのか菫ちゃんをヒザの上に乗せ、親子でハッピーバースデーの歌を歌う。

そして「フーして」とロウソクを吹き消すよう菫ちゃんに促すのだが、菫ちゃんは口で「フー」と言い、ロウソクに息を吹きかけようとはしない。

これには思わず全員で笑ってしまう宇佐美家。家族に幸せな笑顔が浮かぶ。

最後はパパと一緒にロウソクを吹き消した姿に、「すーちゃん可愛い」「すーちゃんのふぅぅがかわいすぎる」「かわいすぎて何回もリピートしてます」とフォロワーもメロメロになっていた。

ガーナ戦のメンバーに選出された宇佐美貴史

18日に発表された日本代表メンバー27人に選ばれた宇佐美選手は、30日に行われるガーナ代表との国際親善試合に挑む。

ワールドカップ(W杯)前に国内で行われる最後の親善試合は、ロシア行きのメンバーを決める最終試験でもある。

最後の23人に選ばれることを期待するファンからは、「ワールドカップメンバーにも選ばれますように願っています」「日本代表おめでとうございます。応援します」と激励のコメントが寄せられている。

ついにドイツで大きな成果を手にした天才アタッカーは、ファンの期待に応えてロシアで暴れられるか。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします