ブッフォン、17年過ごしたユベントスでの最後の試合…チームメイト全員と熱い抱擁

ユベントスが5月19日のセリエA最終節でベローナに2-1の勝利を収め、この試合が同クラブでのラストゲームになるGKジャンルイジ・ブッフォン選手の有終の美を飾った。

後半19分にカルロ・ピンソーリョ選手との交代で退いたブッフォン選手は、最後にチームメイト全員と抱擁を交わし、ホームの観客からの盛大な拍手に見送られた。

その様子に日本のファンからも、「こんなん泣いてまうやろ」「マルキージオとブッフォンの抱擁は泣きそうになった」「存在の大きさ、偉大さが垣間見れるいい映像ですね」「これだけファンから愛される選手ってこれからのサッカー界現れるのかしら」などのコメントが寄せられている。

ディバラも惜別のメッセージ

2001年からユベントスのゴールマウスを守り続けてきたブッフォン選手は、ゴールキーパーとして史上初めてUEFAチャンピオンズリーグMVPを獲得するなど、世界最高峰のキーパーとして長く活躍してきた。

一番後ろで味方を鼓舞し、その背中を後押ししてきたブッフォン選手。ユベントスの低迷期も黄金期も経験し、多くの勝利と敗北を見守ってきた。

大きな存在を失うことにチームメイトのパウロ・ディバラ選手は、「100の試合と1040日を共にした。笑顔、喜び、涙、抱擁。あなたは私にとても多くのことを教えてくれました。私はあなたと多くの目標を達成してきました」と、自身のインスタグラムで別れを惜しんだ。

「あなたにふさわしい最高の将来が待っていることを祈っています」

Cento partite insieme, 1.040 giorni, sorrisi, gioie, lacrime, abbracci. Mi hai insegnato tanto, sei stato il mio capitano, quello di tutti i successi che finora ho ottenuto. Ti auguro il futuro più felice, quello che meriti, mio capitano. Mi mancherai @gianluigibuffon adesso divertiamoci ancora insieme! . Cien partidos juntos, 1.040 días, sonrisas, alegrías, lágrimas y abrazos. Me enseñaste muchísimo, fuiste mi capitán, ese con el que logré mis objetivos. Te deseo un futuro muy feliz, el que te mereces, mi capitán. Te voy a extrañar, pero ahora nos divirtamos un partido más juntos. . 100 matches together, 1.040 days, smiles, joys, tears, hugs. You teached me so much, you were my captain, with whom I’ve achieved all my goals so far. I wish you the best future, the one you deserve, my captain. I will miss you, now let's have fun together again. 1️⃣👐⚽️ . #UN1CO #Buffon #legend #juventus

A post shared by Paulo Dybala (@paulodybala) on

今後の去就に注目が集まる

引退か現役続行か。今後の去就を明確にしていないブッフォン選手だが、現役続行なら「興味深いオファーがある」と話しており、フランスのパリ・サンジェルマンが興味を持っていると伝えられている。

ユベントスでセリエAを7連覇し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ(W杯)を制したブッフォン選手は、史上最も成功したゴールキーパーの1人に数えられる。

しかし、彼の輝かしいキャリアでも、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の優勝トロフィーだけは獲得したことがない。

CL優勝が狙えるチームで最後のチャンスに懸けるか。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします