「全てを犠牲にしてきた」 ラグビー日本代表、最後の記念撮影は子供たちも一緒に

10月20日、『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で史上初のベスト8入りを果たし、南アフリカとの準々決勝に挑んだ日本代表。

前半40分を終えた時点では3-5と競った展開だったが、後半は徐々に差を見せつけられて最終的には3-26で敗れた。日本代表のW杯はここで幕を閉じた。

選手たちが払ってきた犠牲

「全てを犠牲にしてきた」

大会中、日本代表選手たちはこのようなコメントを残してきた。

その言葉を裏付けるかのように、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)はスコットランド戦前の会見にて、今年だけでも240日の合宿を実施してきたことを明かしている。

選手たちが犠牲にしてきたものの中には、家族との時間も含まれるのだろう。

2015年前回大会では日本代表として活躍し、この日の南アフリカ戦は解説として見届けた五郎丸歩選手も、選手たちが払ってきた犠牲について語った。

「本当に彼らは犠牲にしたと思います。家族との時間もないですし、自分の時間もないですし。日本のラグビーのためにこの4年間体を張り続けて、みなさんの期待に応えてくれたと思います

試合後、グラウンドで記念撮影を行った日本代表メンバー。そこには子供たちと共に映る選手たちの姿があった。

≪関連記事≫

稲垣啓太、謝罪に訪れたムタワリラとの“ノーサイド” 「気にしなくていい」「優勝してくれよな」

トンプソン・ルーク、最後のW杯は「ちょっと寂しい」 福岡堅樹も15人制代表を引退

デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる

流大の涙で始まった南アフリカ戦 試合後には田中史朗も涙 ラグビー日本代表の戦いに感動の声

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします