エディー・ジョーンズHC、日本の温泉は「グレートな回復方法」 

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』は11月2日に決勝戦を迎える。世界中から集まった強豪20チームの中で、最後まで勝ち残ったのはイングランド代表南アフリカ代表だった。

イングランドは準々決勝のオーストラリア戦、準決勝のニュージーランド戦と、2試合続けて強さを見せつけた。エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、この好調の要因のひとつに日本の温泉を挙げる

「彼らの回復力は尋常じゃない。連れだって温泉へ行っているが、これはグレートな回復方法だ」

選手たちの調子は温泉で良くなっている

準々決勝ではボール支配率こそオーストラリアに上回られたものの、決定機は与えず、相手が攻め疲れたところで一気に突き放した

準決勝では攻撃的な守備を80分間やり通し、前回王者のニュージーランドを圧倒する試合運びを見せた。

2試合続けて強さを発揮したイングランドには「調子のピークが早く来すぎてしまったのでは?」と、決勝戦でのパフォーマンスを疑問視する声も。しかしジョーンズHCは、選手たちの調子は温泉の力で良くなっていると語る。

「日本人はどれだけ賢いのかと思うだろう。150年前にはそれぞれの村に完璧な回復方法である温泉があった。熱かったり冷たかったり、社交の場でもありリラックスもできる。完璧な回復方法だ。なので、選手たちは先週よりも今週の方が良くなっている」

≪関連記事≫

五郎丸歩、イングランドV字ラインは「RWC2019の象徴となるだろう」

イングランド、オールブラックスのハカにV字で応戦 オーウェン・ファレルは不敵な笑み

会見でエディ・ジョーンズ節 「イングランドが勝つと思う人は手を挙げて」

南アフリカ初の黒人主将シヤ・コリシ 再びW杯優勝で国を1つに

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします