羽生結弦、スケートカナダ初優勝に「やっとここで勝てた」 インタビュー動画が公開

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が、『グランプリシリーズカナダ2019(スケートカナダ)』の男子シングルで優勝した。

ショートプログラムとフリーを合わせた合計点322.59は、自己ベストを大きく更新し、米国のネイサン・チェン選手が持つ世界最高記録にも0.83差まで迫るものだった。

国際スケート連盟(ISU)がYouTube公式チャンネルで、羽生選手の喜びの声を伝えている。

4度目でスケートカナダ初優勝「とても緊張していた」

スケートカナダには過去に3度出場して3度とも2位。悔しい思いをしてきただけに「とても緊張していた」と不安な胸の内を明かした。

「だから『行くぞ、スケートカナダ』『ベストを尽くすからな』という感じでした。でも、やっとここで勝てたので、スケートカナダのことが本当に好きになれました」

(c)Getty Images

演技に関しては「もっと、もっとできる」と上を向いた。

「全てのジャンプ、全てのステップ、全てのエレメントをもっと滑らかにしたい。それが僕のやり方だと思っています」

言葉では難しいことでもスケートでなら伝えられる

(c)Getty Images

羽生選手は、言葉では思っていることを100%伝えられないとするが、スケートを通してなら世界中の人に伝えられると胸を張った。

「ときどき言葉では説明したり、話したりすることができないときもあって、ややフラストレーションを感じるときもあります。だけどスケートでは全ての言語が使えます。それも全ての人のために。僕はあらゆる国で、あらゆる人にスケートを通して伝えることができます。それは僕にとって特別なことなんです」

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐐

ISU Figure Skating ⛸(@isufigureskating)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

こだわり抜かれた「SEIMEI」衣装チャームも 「羽生結弦プレミアムセット ~One and Only~」発売決定

【メイキング写真多数】羽生結弦の演技は「完璧でございます!」 『ガーナエクセレント』新WEB動画が公開

「集中力はゲームで養われる」「凛とした女性がタイプ」羽生結弦のプライベートの過ごし方や理想の女性像は?

横ピースで「ファンのことを見ているよ」羽生結弦とプルシェンコの2ショット公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします