井上尚弥「全力を尽くすのみ」 軽量を一発パスでノニト・ドネアとの戦いへ

11月6日、プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手が、ノニト・ドネア戦の前日計量を一回でパスした。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、世界5階級制覇王者のドネア選手と対戦する井上選手は、ツイッターを更新して「残すは明日全力を尽くすのみ」と意気込みを語った。

井上尚弥の仕上がりに高まる期待

WBSS公式ツイッターが投稿した井上選手の計量動画は、7日13時までに23万回以上再生された。井上選手はリミット一杯の118ポンド(約53.524キロ)で計量を一発パス。体重計を降りるときには笑顔で小さく頷いた

調子の良さをうかがわせる姿に「体重を作りながらより研ぎ澄まされた体に仕上がりましたね!」「動画で見るとキレっぷりやべえ」とファンの期待も高まる。

井上選手の試合には他競技のアスリートも注目している。男子バスケットボール日本代表の田中大貴選手は、井上選手のツイートを引用しながら「楽しみすぎてだいぶ前からソワソワしてます」と投稿。

日本の“モンスター”と軽量級の“レジェンド”との一戦を心待ちにする。

≪関連記事≫

ノニト・ドネア「チャンピオンの人生だ」 井上尚弥との“運命の一戦”が迫る

井上尚弥、世界戦を前にメディカルチェックを完了 「お互い最高の仕上がり!」

井上尚弥のドキュメンタリー番組3作品の制作・配信が決定 『モンスター』の舞台裏に迫る

井上尚弥、自らを追い込むために「自分のパンチが当たらない」ネガティブイメトレを駆使?…伊藤雅雪にも助言

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします