メキシコ代表マット・クラーク、井端弘和と再開のツーショット 中日時代のチームメイト

野球の国別対抗戦『プレミア12』で日本代表は(侍ジャパン)は11月13日、メキシコ代表と対戦する。12日の試合でアメリカに敗れ今大会初黒星を喫した日本が、ここまで無敗のメキシコに挑む。

試合開始前にメキシコ代表のマット・クラーク選手がツイッターを更新し、日本の井端弘和内野守備・走塁コーチとのツーショットをアップした。

クラーク選手は中日ドラゴンズとオリックス・バファローズに所属し、日本でプレーしていた時期がある。

元チームメイトと再会

クラーク選手は2013年に中日と契約して来日。持ち前の長打力を発揮し132試合の出場で25本塁打、70打点を挙げた。一方で打率は.238と低く、三振もリーグトップの130個を記録。確実性の低さがネックになったか中日との契約は1年限りだった。

2016年にはオリックスと契約して再来日を果たすが、このときは1軍出場11試合にとどまった。

一方の井端コーチは1998年のドラフト5位で中日に入団。ゴールデングラブ7度受賞の華麗な守備勝負強い打撃中日の黄金期を支えた

元チームメイトと再会したクラーク選手は「井端さん! 私の好きなチームメイトのひとりです。現在は侍ジャパンのコーチを務めています」とツイッターに喜びを綴る。

中日ファンからも「ドラゴンズファンとしては嬉しいです!」「井端とのツーショットいいねぇ」と懐かしむ声が寄せられた。

≪関連記事≫

ユニフォーム忘れで話題のオーストラリア代表モイラン 映画のような逆転野球人生

柳田悠岐の予想的中?神走塁の周東佑京は「アーモンドアイより速い」

陽岱鋼が台湾で坂本勇人、小林誠司をおもてなし「小籠包全制霸團」

サムライジャパン、山岡泰輔・山本由伸・山﨑康晃が「#山トリオ」に

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします