羽生結弦がどーもくんと再会「久しぶりどーもくん」 笑顔でポーズを決める

11月23日にフィギュアスケートのNHK杯では男子シングルでフリーの演技が行われ、羽生結弦選手がトータル305.05点で3年ぶりの優勝を果たした。

スケートカナダに続きグランプリシリーズ2連勝の羽生選手は、12月にイタリア・トリノで行われるグランプリファイナルに3年ぶりの出場も決まった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🛄 All packed for the Final in Torino this December. Yuzuru Hanyu takes two wins in the Grand Prix series in Canada and Japan. #GPFigure #FigureSkating #UpAgain

ISU Figure Skating ⛸(@isufigureskating)がシェアした投稿 –

決戦から一夜明けた24日にはエキシビションに登場。会場入り時には、どーもくんとの再会を喜ぶ姿もあった。

どーもくんカメラに笑顔

会場入りする選手たちを待ち構えるどーもくん。そこへやってきた羽生選手はにこやかに近づき、どーもくんカメラにポーズを決める。

さらに手を振りながら「久しぶり、どーもくん」と話しかけた。笑いながらカメラから離れていく羽生選手。会場の奥へ消える前にはクルッと一回転してみせるなど上機嫌な様子だった。

無事にここまで来れたのはファンの祈りのおかげ

途中のジャンプで回転不足があった羽生選手だが、直後に演技構成を変えてリカバーした。

ジャンプに関しては「今日の演技は、とりあえずループとサルコーに集中してやっていたので、とりあえずいいかな」と苦笑いの羽生選手。だが、会場に集まってくれた観客のために「綺麗な演技を見せたかったなという気持ちももちろんあります」と言う。

羽生選手は自身のコンディションにも言及した。

「自分の健康が無事にここまで来れたので、皆さんが至るところで祈ってくださったおかげだなと思っています。本当にありがとうございました」

≪関連記事≫

羽生結弦、紀平梨花がNHK杯会場入り グランプリファイナル進出も懸かった大一番

羽生結弦、NHK杯を前に動画メッセージ「1日、1日を大事にして頑張っていきます」

【メイキング写真多数】羽生結弦、『ホットガーナ』新CMで“昔の自分”と共演 撮影現場レポート&撮影後インタビュー

羽生結弦、スケートカナダ初優勝に「やっとここで勝てた」 インタビュー動画が公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします