ネイサン・チェン、グランプリファイナル3連覇 「素晴らしい選手たちと競えた」

(c)Getty Images

フィギュアスケートのグランプリファイナル男子シングルは、ネイサン・チェン選手(米国)が世界最高記録を更新する335.30点で優勝した

フィギュアスケートは昨季に大幅なルール改正と採点基準の変更があり、従来の記録をリセットして新たにスタートしたが、チェン選手の得点は改正前の羽生結弦選手(330.43点)も上回るものだった。

今後の課題は演技構成点「まだユヅに及ばない」

世界最高記録を更新したチェン選手は「驚きました」と自身の結果について語った。

「プログラムの最後のほうではガス欠になったので、少しスタミナをつけなければなりませんが、全体的にはこのスコアに感激しています。彼らのような素晴らしい選手たちと競えたことは、とてもいい経験になりました

来年3月には3連覇が懸かる世界選手権もある。チェン選手は「合間にも上達していきたい」とさらなる改善に努める。

「技術的には自分にできることをやりきりました。しかし、まだ改善できる余地があります。プログラム・コンポーネンツ(演技構成点)では、まだユヅに及ばないので今後も取り組んでいきたいです」

≪関連記事≫

ネイサン・チェンから見た羽生結弦「彼は史上最高」

ネイサン・チェン「改善できることはたくさんある」 ショートプログラムを終えて大差の首位も

ネイサン・チェン、羽生結弦との直接対決を語る「彼は明らかに今のトップスケーター」

羽生結弦、今季世界最高得点者としてファイナルへ ISU公式ツイッターではリラックスした表情も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします