川崎ブレイブサンダースの凄技に「神回」の声 プロバスケ選手が3点シュートの限界に挑む

(c)Getty Images

美しい放物線を描いてリングに吸い込まれる3点シュート。バスケットボールの華とも言えるプレーのひとつだが、果たしてプロ選手ならどれだけ遠くからゴールできるのか。この疑問にB.LEAGUEの川崎ブレイブサンダースに所属する選手たちが挑んだ。

挑戦するのは篠山竜青選手(りゅーせい)、藤井祐眞選手(ゆうま)、辻直人選手(じーつー)、長谷川技選手(はせ)の4人。チャレンジの模様はYouTubeのブレイブサンダース公式チャンネルにアップされている。

将来のBリーガーにプロの凄さを見せつける

篠山選手は「プロの選手はこのくらい遠くからでも入るんですよっていうのを、将来のBリーガーに見せつけてやりたい」と意気込む。

選手たちは3ポイントラインから入れるのは当たり前とばかりに、まずはハーフラインから始める。制限時間30秒で4人はローテーションしながら次々にシュート。さすがプロの選手だけあり、この距離からでもリングに当たる惜しいシュートが続く。

18秒残して早々にクリアすると選手たちは余裕の表情。辻選手はカメラに向かって「これがチームですから、ONE TEAM」と今年の流行語にもなった言葉を使い、チーム力を強調した。

辻直人選手 (c)Getty Images

難チャレンジ成功で狂喜乱舞 「ONE TEAMおじさん」誕生

2本目はハーフラインから藤井選手の身長1.5人ぶん離れた1.5ゆうま地点から挑む。先ほどよりは苦戦したが、このチャレンジも約10秒残してクリアした。再び辻選手は「これがONE TEAM」とぽつり。

勢いに乗る選手たちは逆サイドの3ポイントラインから挑むことに。コートに寝かせた藤井選手を定規代わりに測るとちょうど3人ぶん。3ゆうま地点からの挑戦だ。カメラマンが「届きます?」と心配する距離。さすがに未知の挑戦とあって制限時間は1分に延ばされた。

この距離になると助走をつけてジャンプしながら、前に飛び出すような体勢でのシュートが必要になる。狙いをつけるのが難しく、なかなか入らない。刻一刻とタイムリミットが迫るなか、残り1秒を切って放たれた長谷川選手のシュートがリングに吸い込まれる。劇的なブザービーターで成功させた

いよいよチャレンジは逆サイドのフリースローラインまで後退。リングに遥か遠くに見える距離から選手たちはシュートを打ち続ける。だが、リングを捉える以前に、そこまで届かせるのも苦労する距離。惜しいシュートはあれど入らない。

残り時間も少なくなり失敗かと思われた。だが諦めずに打ち続けて奇跡が起きる。藤井選手がタイムアップ寸前に成功。まさかの2連続ブザービーターに4人はコートを駆け回り喜びを表現した。

カメラのほうへ歩み寄り「みんなが最後まで諦めずに信じてやった」と語りかける辻選手に、チームメイトからは「ONE TEAMおじさん」の声。

藤井祐眞選手 (c)Getty Images

おまけで後ろ向きチャレンジ

距離の挑戦は逆サイドのフリースローラインからで終了したが、ここで連続成功に気を良くした辻選手から、「最後、後ろ向きでも決められるよってとこを」と追加チャレンジの提案が出た。

困惑していた3人も辻選手の「俺たちにできないこと何もないし」という強気な言葉に乗せられ、ハーフラインからの後ろ向きチャレンジを決意。ゴールに背を向けた状態でシュートを打っていく。

惜しいシュートがリングに嫌われて残り時間わずか。あと1.1秒で放った長谷川選手のシュートがリングに当たりながら決まる。なんと3連続ブザービーターで後ろ向きチャレンジも成功させた。

劇的な展開に千葉ジェッツふなばしの田口成浩選手も、ツイッターで「これはヤバイ」と激賞。劇的すぎる展開に辻選手は「こんなんしてもうたら次どうしたらええねん!!!笑」と、次回のチャレンジに対するハードルが上がったことを嘆いた。

≪関連記事≫

辻直人と息子のエピソード 「なんでバスケットボール選手になろうと思ったの?」

富樫勇樹、バスケファン待望の『ユウキ対決』実現 「えー!!!!!!!!!」

今季限りで引退の折茂武彦に対戦相手の千葉ジェッツがメッセージ企画 1300通以上が集まる

「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします