須本光希、憧れの羽生結弦と「やっと同じ試合に出られた」

フィギュアスケートの男子シングルで五輪連覇を果たした羽生結弦選手。彼への憧れを口にする選手は少なくない。須本光希選手もそのひとりだ。

須本選手は12月22日まで行われた全日本フィギュア選手権に出場。羽生選手と同じ舞台で滑り、220.28点で8位に入った

念願叶った大会後にツイッターを更新した須本選手は、羽生選手とのツーショットを載せ「やっと同じ試合に出られることができてすごく嬉しかったです!!!!!」と綴った。

昨年は股関節を負傷 2年ぶりの全日本に「帰ってこられて嬉しかった」

須本選手は2017年の全日本ジュニア王者で、同年の全日本選手権でも6位入賞を果たした。だが2018年は直前に股関節を痛めた影響があり7位。全日本ジュニアの上位選手に与えられる全日本選手権の出場枠を得ることはできなかった。

今年はシニアに転向して近畿大会から勝ち上がってきた須本選手。2年ぶりの全日本選手権を「今年はこの舞台に帰ってこられて嬉しかったです!」と喜んだ。

高橋大輔らともツーショット

須本選手は今大会で現役引退する選手たちとのツーショットもアップした。バンクバー五輪銅メダリストの高橋大輔選手に対しては、「初めて大ちゃんと同じグループで滑れて良い経験をさせてもらいました。アイスダンスも頑張ってください!!!」と次のキャリアを応援した。

高橋選手は2014年に一度現役を離れてから、4年後の2018年に復帰。同年の全日本選手権で銀メダルを獲得したが、今年は12位に終わった。今後は9月に発表していたとおり村元哉中選手とペアを組んでアイスダンスに挑戦する

≪関連記事≫

鍵山優真が全日本フィギュア3位、高1での表彰台は23季ぶり 「一番てっぺんからいい景色が見たい」

宇野昌磨が全日本フィギュア4連覇 ステファン・ランビエールコーチとの新タッグ 「いろんなことを気づかされた」

宇野昌磨、全日本4連覇を狙う 新コーチ決定で逆襲に向けた準備

羽生結弦が『#ガーナ半分こチャレンジ』に挑戦 「うわ~緊張する~!!」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします