大坂なおみが今年初勝利で「First W of 2020」 新コーチとのタッグで初陣を飾る

女子テニス世界ランク4位の大坂なおみ選手が1月7日、ブリスベン国際シングルス1回戦で同ランク23位のマリア・サカリ選手と対戦し6-2、6-7、6-3のフルセットで勝利を収めた

サカリ選手とは過去に3度対戦して2勝1敗ながら、2勝はともにフルセットでの接戦だった。4度目の対戦も試合時間2時間7分のタフなゲームになったが、大坂選手は要所でサービスエースを決めて2020年初戦を制した

試合後には「First W of 2020」とインスタグラムを更新。ファンからも勝利を祝うコメントが寄せられている。

  • 第3セットは強い気持ちが見えました
  • おめでとう。勝ちきった!!
  • 初戦勝利おめでとう。いいスタートが切れましたね

 

この投稿をInstagramで見る

 

First W of 2020 🎉

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿 –

右肩の状態に不安も16本のエースに安堵

難しい試合になることは分かっていた」と大坂選手。第2セットをタイブレークで落としたあとは「とにかく落ち着いてポジティブでいようとした」と振り返る。

「第2セットでは、彼女は私の攻撃が読めるようになっていて、どれだけ強く打っても動じませんでした。1セットめのように簡単にポイントを取ることはできませんでした」

大坂選手は昨季終盤に右肩を痛め、シーズン最終戦のWTAファイナルズを棄権した。そのため「今日はどのようなサーブが打てるか分からなかった」と不安もあった。16本のサービスエースが決まったことに「私にとってはいいこと」と安堵する。

今季から新コーチにウィム・フィセッテさんを迎え、大坂選手は五輪イヤーに新たな布陣で臨んでいる。フィセッテコーチはベルギー出身の39歳。データを活用した理論派として知られる。

10年ほどのコーチキャリアでキム・クライシュテルス選手、ビクトリア・アザレンカ選手、アンジェリック・ケルバー選手らとともに数多くのビッグタイトルを手にしてきた。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

錦織圭、大坂なおみ、八村塁がCM初共演 “地元民必見”パロディCM32本が同時公開

八村塁、大坂なおみとのツーショット 試合では自己最多の30得点をマーク

大坂なおみ、北海道根室市の岩場で母とともに 「私の両親は恐れ知らず」

スコットランド戦POMは福岡堅樹!プレゼンターは大坂なおみ 錦織圭も応援

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします