“キングカズ”三浦知良が契約更新  出場ならJ1最年長出場記録を更新 「楽しむ気持ちと感謝の気持ちを忘れずに」

1月11日、横浜FCがFW三浦知良選手と2020年シーズンの契約を更新したと発表した。発表は三浦選手の代名詞でもある背番号11にちなみ、11日の11時11分に発表されている。

三浦選手はクラブを通じて「チームの勝利に貢献したい」とコメントを発表した。

「2020シーズンも横浜FCと契約更新をすることができました。チームのJ1定着という目標に向けて、日々努力を重ねる中でも、サッカーを楽しむ気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」

53歳でJ1復帰 出場すれば史上初の50代

三浦選手は1967年2月26日生まれの52歳。2007年以来のJ1復帰を果たしたクラブとともに、今季は13年ぶりにJ1へ戻ってくる

三浦選手は1982年に静岡学園高校を中退してブラジルへ渡航。サッカー王国で練習を重ね1986年にはサントスFCとプロ契約を結んだ。Jリーグが開幕してからはヴェルディ川崎の黄金期を支え、日本代表でも中心選手として活躍した。

今季がプロ35年目。もしリーグ戦に出場すれば、中山雅史選手が持つ45歳2か月1日のJ1最年長出場記録大幅に更新する

≪関連記事≫

三浦和良、世代の異なる様々な選手たちと交流 多くの選手に刺激を与えるレジェンド

吉田麻也、武藤嘉紀が「カズさん会」 今年は松井大輔も参加

阿部勇樹「愉快な仲間たちとのご飯(^^)」アテネ五輪世代の佐藤、松井ら総勢11人の食事会

松井大輔、三浦知良と18年ぶり共演…古巣との対戦に「変わらない雰囲気が京都だね」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします