ラファエル・ナダル、打球直撃のボールガールにお詫びのキス SNSで2ショットを公開

テニスの全豪オープンで1月23日、男子シングルスの試合中に、選手の打った球がボールガールを直撃してしまうアクシデントが起きた。

ボールを打ったのは世界ランク1位のラファエル・ナダル選手。ナダル選手はフェデリコ・デルボニス選手(アルゼンチン)との第3セット終盤に、デルボニス選手のサーブをリターン。この球がコートサイドに控えていたボールガールの頭に当たった。

ナダル選手は慌ててボールガールに駆け寄ると無事を確認。おわびのキスで少女の無事を祝福した

ボールが少女を直撃したことについて、ナダル選手は「彼女にとっては良くない瞬間だった。私にとっても恐ろしい瞬間。ボールはアッと言う間に彼女にぶつかった」とコメント。すぐに無事だとアピールした少女を「勇敢な女の子だ」と称賛した。

インスタグラムでボールガールと2ショット

試合の翌日にナダル選手はインスタグラムを更新し、ボールガールを務めた少女との2ショットを載せた。

アニタが元気で良かった。私は彼女と彼女の兄弟のマーク、両親に会う機会がありました。ありがとう

ナダル選手のインスタグラムには多くのコメントが寄せられ、投稿から1時間ほどで16万回以上いいねされた。

  • ラファも彼女もグレートだ!
  • ラファの優しさが素晴らしい
  • さすがラファ。コートの中だけでなく外でもレジェンドの振る舞い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Very happy to see that Anita is doing well 😘😊🙏🎾 I also had the chance to meet her, her brother Mark and parents. Thank you

Rafa Nadal(@rafaelnadal)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

西岡良仁、チーム全体で最善を尽くすも「悔しい」 ラファエル・ナダルに敗れる

ラファエル・ナダル率いるスペインが日本を下す スポーツマンシップ賞の表彰では「優れたテニス選手である以上に、いい人として」

ラファエル・ナダル、33歳での年間1位は「家族やチームの支えがあってこそ」

ラファエル・ナダルが語ったメンタルコントロール術 “1000回に1回”の大逆転勝利ができた理由

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします