大坂なおみに完勝したコリ・ガウフ 伝説の名選手ロッド・レーバーから「会いたい」と反応

1月24日、テニスの全豪オープンで女子シングルス3回戦が行われ、世界ランク67位のコリ・ガウフ選手が同4位の大坂なおみ選手に6-3、6-4で勝利して大金星を挙げた。

昨年15歳にしてウィンブルドン4回戦まで進み天才少女と言われたガウフ選手。4か月前の全米オープンでは大坂選手に完敗して涙を飲んだが、ストレート勝ちでリベンジを果たした

前年王者を破った15歳の勝利に伝説の名選手ロッド・レーバーさんも反応。ツイッターに「会いたい」と投稿している。

バックハンドでミスが目立った大坂なおみ コリ・ガウフがリベンジに成功

大坂選手は第1セットから安定感を欠き、特にバックハンドでのミスが多く目立った。第8ゲームでバックハンドがネットに掛かりブレークを許すと、直後のゲームでブレークバックできず第1セットを落とす。

第2セットでは最初のゲームでガウフ選手が大坂選手のサービスゲームをブレーク。大坂選手も第2ゲームをブレークして追いつくが、第7ゲームまたも勝負所で大坂選手はバックハンドがネットに掛かりブレークされる。

その後のサービスゲームでガウフ選手は大坂選手に付け入る隙を与えなかった。

「ロッド・レーバーさんと自撮りしたい」にレーバー本人が反応

試合後のインタビューでガウフ選手は感動と興奮、そして混乱を率直に語った。

「あぁ、なんてこと。何も分からない。私の人生ってなに? 2年前、私はジュニアの1回戦で負けました。それが、いまはロッド・レーバー・アリーナにいます。本当にクレイジー」

それでもインタビュアーから、センターコートの名前の由来にもなっているレーバーさんに会ったことがあるかと質問されると、ガウフ選手は「ありません。廊下で何度か見かけたことはあるけど、緊張して挨拶できませんでしたインスタグラム用のセルフィー(自撮り)が欲しいです」と茶目っ気たっぷりに答える大物ぶりを見せた。

この発言にレーバーさんが素速く反応。ツイッターで「今夜の素晴らしい勝利おめでとう。私もあなたに会いたい」とガウフ選手にメッセージを送った。

レーバーさんのツイートを引用し、ガウフ選手は「セルフィーを撮るのが待ちきれない」と返信している。

≪関連記事≫

大坂なおみ、全豪3回戦は“天才少女”コリ・ガウフと対戦 恐れ知らずの15歳、いま楽しみにしているのは運転免許

大坂なおみ、全豪オープン3回戦進出 インタビューで語った「唯一変わったこと」

大坂なおみが全豪連覇へ好スタート グランドスラム初観戦の父に勝利を捧げる

連覇を目指す大坂なおみも 全豪オープン王者たちの直前練習が公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします