ノバク・ジョコビッチ、ロジャー・フェデラーに勝利 ケガを押して出場したフェデラーに敬意

ノバク・ジョコビッチ選手が全豪オープンテニス連覇へ王手をかけた。1月30日に男子シングルス準決勝でロジャー・フェデラー選手と通算50度目の試合に臨み7-6、6-4、6-3で勝利

2012年のウィンブルドンを最後に4大大会におけるフェデラー戦の無敗が続いているジョコビッチ選手は、ライバル対決の通算戦績を27勝23敗とした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUPERB from @djokernole! 💪 The seven-time champ defeats Federer 7-6 6-4 6-3 to make his 2️⃣6️⃣th Grand Slam final 👏 #AusOpen

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿 –

ケガを押して出場したフェデラーにジョコビッチは敬意

ジョコビッチ選手は立ち上がりこそ不安定だったが、徐々に調子を取り戻してライバル対決を制した

「彼のスタートは良かったし、僕はナーバスになっていたから、試合が別な方向に進む可能性もあった」とジョコビッチ選手は試合を振り返る。

テニーズ・サンドグレン選手と対戦した準々決勝で鼠蹊部を負傷したフェデラー選手は、第1セット後にメディカルタイムアウトを要求。それでも棄権せず最後まで戦い抜いたフェデラー選手に対し、ジョコビッチ選手は敬意を払う。

今夜ロジャーが出場したことを尊敬します。彼は明らかにケガをしていた。彼の動きからそれが分かりました。全力を尽くそうとした彼に敬意を」

38歳のフェデラー選手には今年が最後の全豪オープンになるかもしれないという噂も立っていたが、試合後の会見では「引退する予定はありません」と改めてこれを否定。

「先のことはわかりません。自分の年齢では特に」としながらも、「自信があります」と来季以降のプレーに対する意欲をのぞかせた。

≪関連記事≫

ロジャー・フェデラーとノバク・ジョコビッチが怪我をした少女のギプスにサイン

ニック・キリオス、コービー・ブライアントのレプリカユニフォームで会場入り 「バスケットボールは僕の人生そのものだった」

ロジャー・フェデラー、対戦相手の名前に掛けてジョーク 大会最多15回目のベスト8進出

ノバク・ジョコビッチ、“フリースタイルテニス”のパイオニアとスゴ技を披露

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします