中日・又吉克樹、無観客試合に「ファンの方がいない試合はやっぱり寂しいです」

(C)Getty Images

日本でも各地で感染者が確認されている新型コロナウイルス。感染予防に伴う大規模な集会の見直し要請を受け、プロ野球では今季のオープン戦を無観客試合として行っている。

普段であれば大勢の観客が入り、鳴り物応援も華やかなプロ野球の球場が静まりかえっている

又吉克樹、無観客試合は「やっぱり寂しいです」

2月29日に行われた中日ドラゴンズ対広島カープ戦では、観客不在のスタンドに中日のマスコットキャラクター・ドアラが、ぽつんと1人で座っている姿も話題を呼んだ。

この日の試合に登板した中日の又吉克樹投手は「はじめての無観客試合でした」とインスタグラムを更新。

静かなナゴヤドームに「ファンの方がいない試合はやっぱり寂しいです。なんとか開幕までに落ち着きますように」と早期収束を願った

石川柊太、無観客試合を経て「ファンの皆様のパワー」を再確認

27日に行われた福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズの練習試合。

この試合に先発したソフトバンクの石川柊太投手も「無観客試合ってすごく寂しかったね。ファンの皆様のパワーってすごい!」とツイート。再び歓声のなかでプレーできることを願う。

ファンも「また球場で応援できる事を、楽しみにしてます」「コロナの影響がいち早く終息する事を祈ってテレビで応援します!」と日常が戻ってくることを期待する。

≪関連記事≫

阪神・西純矢、卒業式に出席 「色々ととりあえず大変だった3年間」

佐々木朗希、種市篤暉から「ネクタイの締め方」指導で自信満々

上原浩治、“選手としてではなく迎えるシーズン”を語る とにかく野球を「見てほしい」

ヤクルト・高津臣吾新監督を支えるヘッドコーチ 宮出隆自が任された大役


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします