前田健太、筒香嘉智とオープン戦で“初対決”「相変わらずいい打者」

3月1日(日本時間2日)、ミネソタ・ツインズの前田健太投手は、タンパベイ・レイズとのオープン戦に先発し、今季からレイズに加入した筒香嘉智選手とのメジャー初対戦が実現。

2打席無安打に抑えた前田投手に軍配が上がった。筒香選手はレフトフライとライトフライに抑えられている。

レイズの地元紙『タンパベイ・タイムズ』は、2人の対決を「2つのフライアウトとディナーの予定」と題して伝えた。

記事は日本時代に前田投手が筒香選手を48打数9安打の打率.188に抑えていたことを紹介。メジャー初対決でも日本時代と同じように前田投手が強さを発揮したと書く。

外野フライ2本に抑えられた筒香選手だが、前田投手との久しぶりの対戦に「楽しかったです」とコメントした。

試合前の会話では前田投手が「初球チェンジアップを投げる」と冗談交じりに宣言。だが実際はストレートから入り、筒香選手はバットを振らずに見送った。

チェンジアップを待ってました。だからストレートでバットを振らなかったんです」と筒香選手は笑う。

今後も筒香とは連絡を取り合いたい

筒香選手との初対決を終えた前田投手は「まだ春なので調整中」とした上で「僕の見る限り、彼は大きな力を持った強打者」とメジャーの先輩として太鼓判を押した。

前田投手は「今後も連絡を取り合いたい」と通訳を通じてコメント。メジャー1年目の筒香選手をサポートする考えも示し、2人は近いうちにディナーへ行く約束もした。

試合後に更新したインスタグラムで前田投手は、「久しぶりに筒香選手と対戦でき嬉しかったです #久しぶりの対戦 #相変わらずいい打者」とツーショットもアップしている。

≪関連記事≫

前田健太がツイッターでイラストを公開 “マエケン画伯”の作品にファン喜び

上原浩治、“選手としてではなく迎えるシーズン”を語る とにかく野球を「見てほしい」

田中将大がオープン戦今季初登板 7年目のシーズンへ向け「やるべきことをやる」

秋山翔吾、緊張のオープン戦デビューも第1打席でヒット「肩の力が抜けた」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします