福岡堅樹、セブンズの合宿に合流 五輪代表目指し「ここから徐々に仕上げていけるよう頑張ります!」

男子7人制ラグビー(セブンズ)日本代表の合宿に福岡堅樹選手が参加した。

昨年の15人制ワールドカップ(W杯)で大活躍した福岡選手だが、かねてより宣言していたとおりW杯で15人制代表は引退。今後は東京五輪を戦うセブンズ代表入りに専念する。

本来は1月の熊谷合宿から合流する予定だったが、ジャパンラグビートップリーグ第2節で負傷し、合流が遅れていた。

ケガから復帰しての合流にファンからは喜びの声

コンディション調整を中心とした今回の合宿は、ナショナルトレーニングセンターで2月29日から3月1日まで行われた。今後は3月上旬に大分でセブンズ代表合宿が予定されており、そこから福岡選手も本格的に代表メンバーと練習する見込みだ

日本ラグビーフットボール協会が福岡選手の合流を写真付きでツイートすると、ファンからは「福岡さんの笑顔見れただけでこちらも元気もらえます」「めっちゃ笑顔の福岡さん。怪我の事が心配だったので安心しました」と歓迎のコメントが寄せられた。

福岡選手も自らのツイッターを更新し、代表での活動に「ようやくセブンス合宿合流!ここから徐々に仕上げていけるよう頑張ります!!」と意気込んだ。

≪関連記事≫

7人制ラグビー日本代表がウルグアイ大会優勝 主将の松井千士が決勝トライ

7人制ラグビー、チャレンジャーシリーズ初戦で3位 藤田慶和はウルグアイ大会でのリベンジを誓う

ワールドラグビー・セブンズシリーズに挑む7人制ラグビー日本代表が語る 7人制の魅力と東京五輪への展望

松井千士「まだまだ成長できる」 7人制ラグビー代表、オセアニアセブンズで3位に プール戦ではオールブラックス撃破

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします