ボクシング・堤駿斗が『情熱大陸』に出演 東京五輪を目指し戦う姿を追う

(c)Getty Images

3月15日放送の『情熱大陸』にボクシング日本代表候補・堤駿斗選手が出演する。

ボクシングの名門・習志野高校で高校6冠を達成し、世界ユース選手権では日本勢初の金メダル。2017年の全日本選手権では現WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手以来となる、高校生での優勝を成し遂げた。

小学5年生のときに兄の影響で始めたボクシング。その奥深さに魅了され、東京五輪を目指してきた堤選手の足跡や、息子の夢を応援し続けた家族との絆に迫る。

放送は3月15日(日) 23時00分~

堤駿斗 プロフィール

  • 生年月日:1999年7月12日
  • 出身地:千葉県
  • 所属:東洋大学
  • 階級:バンタム級

3人兄弟の次男。

小学5年生の時に空手からボクシングに転向し、U-15全国大会など中学時代から多数のタイトルを獲得。習志野高校では高校6冠に加え、全日本選手権でも優勝。

日本人として初めて、アマチュアボクシング世界ユース選手権(18歳以下の世界大会)で優勝。

東京五輪を目指し、2018年4月、東洋大学に入学。

2016、2017年の日本ボクシング連盟最優秀選手。

2020年3月のアジア・オセアニア予選ではまさかの敗戦を喫したが、5月の世界最終予選で五輪出場権獲得を目指す。

≪関連記事≫

京口紘人と柿谷曜一朗、新型コロナウィルス感染拡大防止に関するメッセージを公開 「まずは予防」を

比嘉大吾が戦った復帰戦 1年10カ月ぶりのリングまでを振り返る

村田諒太、アスリートの資金面での苦労を語る 「才能を無駄にしてしまう選手がものすごく多い」

井上尚弥、4月25日にジョンリル・カシメロと3団体統一戦 ラスベガスデビューへ「思いっきり暴れます!」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします