アンナ・シェルバコワ、世界フィギュア中止の胸中を綴る 「まだシーズンが終わったとは信じられません」

現地時間3月11日(日本時間12日)に、カナダのモントリオールで開催される予定だったフィギュアスケート世界選手権を、新型コロナウイルスの影響により中止すると会場のあるケベック州政府が発表した。

世界保健機関(WHO)が世界的な流行を意味する「パンデミック」を宣言した数時間後の決定だった。

世界中で感染者が増えている状況での中止に理解を示しながらも、選手からは落胆の声も漏れる。

女子シングルに出場予定だったアンナ・シェルバコワ選手は、中止から2日後に更新したインスタグラムで複雑な胸中を明かした。

「まだシーズンが終わったとは信じられません」

(c)Getty Images

シニアデビュー初年度の今シーズン、いきなりシェルバコワ選手はグランプリシリーズのスケートアメリカ中国杯優勝しスケートファンを驚かせた。

共にエテリ・トゥトベリーゼコーチに師事するアリョーナ・コストルナヤ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手と一緒にグランプリシリーズ6大会を完全制覇グランプリファイナルでも表彰台を独占し、シェルバコワ選手は銀メダルを獲得した。

素晴らしいデビューイヤーの総仕上げになるはずだった世界選手権の中止に、シェルバコワ選手は「2日経ちましたが、まだシーズンが終わったとは信じられません」と戸惑う。

「初めての世界選手権で、私もコーチも頑張ってきたので結果を出したかったです。しかしながら、世界を取り巻く状況は非常に深刻です。すぐに良くなることを願っています。皆さんも気をつけて! 来シーズンまた会いましょう

≪関連記事≫

樋口新葉、フィギュア世界選手権中止で「ひたすら虚無感でいっぱい」

カミラ・ワリエワが世界ジュニア選手権優勝 エテリ・トゥトベリーゼ門下から新たなスター候補

紀平梨花、姉とともにカナダ入り 世界選手権では昨季の雪辱誓う

坂本花織、四大陸選手権の結果に悔しさも シーズン最終戦に向け「笑顔でおわれるように」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします