久保建英がトイレットペーパーでリフティング JFAが動画を公開

新型コロナウイルスの影響で休校や自宅待機が続く人に、室内でも取り組める運動を勧めるため、日本サッカー協会(JFA)は「Sports assist you~いま、スポーツにできること~」と題したコンテンツを発信し続けている。

3月19日にはマジョルカの久保建英選手の動画を投稿した。

トイレットペーパーでのリフティングにファン驚き

久保選手は「家にある身近なものでリフティング」と題し、サッカーボールをトイレットペーパーに持ち替えてリフティング

形がボールとは全然違う上に柔らかいトイレットペーパーだが、道具の違いは関係ないとばかりに久保選手は軽々とリフティング

動画を見たファンからは「なんでもリフティングにできそう」「トイレットペーパーで出来ちゃうんだからプロはすごい…」などのコメントが寄せられた。

この他にも19日は乾貴士選手の「乾貴士の毎日チャレンジ!その⑧」、三好康児選手の「柔軟性を高めるトレーニング」、堂安律選手と板倉滉選手による「2人でのリフティング」動画が投稿された。

≪関連記事≫

岡崎慎司が乾貴士からの宿題にチャレンジ 新型コロナによる混乱には「前向きに過ごしていきましょう」

久保建英が手洗いのしかたをレクチャー「一緒に乗り越えていきましょう」

中田英寿が立教大学の客員教授に就任 『日本文化の世界戦略』をテーマに講義

冨安健洋、本田圭佑、乾貴士らが“一人でも室内でも”取り組めるゲームや練習を公開「#いまスポーツにできること」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします