川島永嗣のシェフチャレンジ 数年ぶりのリゾット作りに挑戦

ストラスブール川島永嗣選手が、自身のインスタグラムで数年ぶりの挑戦を披露した。

現在ヨーロッパでも新型コロナウイルスの感染が拡大し、欧州各国のリーグは予防のため中断期間に入っている。

川島選手がプレーするフランスのリーグ・アンも例外ではなく、選手たちは中断期間もファンを楽しませようとSNSを活用している。

川島選手も18日に「シェフチャレンジ」のタイトルで写真を投稿した。2枚ある写真の1枚目で川島選手はフライパン片手に奮闘。お米を木べらで混ぜながら炒めている。

川島選手によれば「数年ぶりにリゾットに挑戦!」した様子とのこと。久しぶりのリゾット作りは「相変わらず水の分量が難しく無駄に時間がかかりました」と苦労した様子。

2枚目の写真で皿に盛り付けられたリゾットが見られる。

植田直通も驚きの料理スキル

キッチンに立つ川島選手へファンからは「やっぱりキッチンに立つ姿も絵になりますね」「まさに料理男子ですね」などのコメントが寄せられた。

また、川島選手は「#気分転換 #料理 #植田直通 #のチーズケーキ作りにはびっくり #笑」と、サークル・ブルッヘの植田直通選手をタグ付けしていたが、その植田選手はコメント欄で「リゾットは難易度高すぎる!!」と川島選手の料理スキルを称賛。

川島選手は「挑戦する時間はたっぷりあるぞ(笑)」と返信した。

≪関連記事≫

2020年Jリーグ 各チームの浮沈を左右する注目選手・キーマン特集

岡崎慎司が乾貴士からの宿題にチャレンジ 新型コロナによる混乱には「前向きに過ごしていきましょう」

久保建英が手洗いのしかたをレクチャー「一緒に乗り越えていきましょう」

権田修一、安西幸輝が出資 憧れの選手からオリジナルメッセージが届くサービスを提供

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします