ノバク・ジョコビッチ、東京五輪延期は「正しい決断だと確信」

男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手がインスタグラムを更新した。

ジョコビッチ選手は延期が決定した東京五輪に「残念」とコメントし、五輪カラーに塗られたシューズ片手に撮影した写真をアップしている。

新型コロナウイルス感染拡大により今夏の開催を断念した東京五輪。延期の決定を悲しみながら、ジョコビッチ選手は「去年、日本で撮影した」写真を公開。

手に持ったシューズは五輪カラーに塗られ、側面にはTOKYO2020と書かれている。

「オリンピックが延期になるのは残念だが、関係者全員の健康のためには正しい判断だと思います。2021年の東京五輪に期待しましょう」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Novak Djokovic(@djokernole)がシェアした投稿

五輪優勝なら「ゴールデンスラム」達成

ジョコビッチ選手は2019年に東京で行われた楽天オープンで優勝。東京五輪と同じ会場で新たなタイトルを手にしたあと「来年オリンピックで戻ってきたい」と発言した。

世界ランク1位に君臨し数々のビッグタイトルを手中に収めてきたジョコビッチ選手だが、五輪では北京五輪の銅メダルが最高成績で金はない。

もし東京五輪で優勝すれば4大大会と五輪を完全制覇する「ゴールデンスラム」を達成する。

≪関連記事≫

錦織圭、東京五輪の延期に「どの選手にとっても良かったこと」

西岡良仁、五輪延期に理解 来年開催に向け「ランキングを維持したい」

添田豪、試合がない日々にも「ネガティブになり過ぎず」 選手会としては「国内で出来る何かを」

新型コロナウィルスが及ぼした、テニス界への影響

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします