村田諒太が目の体操を紹介 「携帯を見る時間が長くなり、眼が疲れていませんか?」

プロボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太選手がインスタグラムを更新。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、自宅でスマホを見ながら過ごすことが多くなった人のため、眼の体操を紹介した。

自宅待機で、携帯を見る時間が長くなり、眼が疲れていませんか?」と村田選手。動画で自身も行ってるというビジョントレーニングの方法を解説する。

必要なものはメトロノームひとつ スマホアプリでも可

用意するのはメトロノーム。最近ではスマホアプリにもなっている。

村田選手は両腕を目の高さまで上げ、肩幅より少し広い場所で両手の親指を立てる。その間を左右、位置を変えて上下、斜めと眼だけ往復させる

眼だけ動かしてください。顔を動かさない

速さは「1分間に100〜150くらいで、しっかり焦点が合う範囲で行ってください!」とのこと。

コメント欄にはさっそく試したいというファンの声が寄せられた。

  • 眼疲れてます 早速やってみます
  • ゲームばからりの子供とやります
  • なんかパンチよけれるようになりそう

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota Murata 村田諒太(@ryota_murata_official)がシェアした投稿


≪関連記事≫

井上尚弥、新型コロナに警鐘 「今こそ影響力のある方々が声をあげていく時」

ボクシング・岡澤セオン、“高校生師匠”との出会いから台頭 東京五輪代表へ

京口紘人と柿谷曜一朗、新型コロナウィルス感染拡大防止に関するメッセージを公開 「まずは予防」を

村田諒太、アスリートの資金面での苦労を語る 「才能を無駄にしてしまう選手がものすごく多い」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします