ラファエル・ナダル、自宅待機で苦戦中 「モンテカルロで3時間テニスをしているほうが」

家事をするならテニスをプレーしていたほうが簡単? そう言ってインスタグラムを更新したのは、男子テニス世界ランク2位のラファエル・ナダル選手。

ナダル選手はキッチンに立つ動画に「家事に圧倒されています」というキャプションをつけて投稿した。

過去11度優勝のモンテカルロが今年は新型コロナウイルスで中止

(c)Getty Images

例年であれば、この時期はフランスで行われるモンテカルロ・マスターズ出場のため準備しているはずだが、今年は新型コロナウイルスによりテニス界はツアーが長期中断。モンテカルロ・マスターズも開催中止が決まった。

自宅待機中にナダル選手は料理に挑戦したようだが苦戦。慣れない作業に「モンテカルロで3時間テニスをしているほうが楽だと思う」と漏らした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rafa Nadal(@rafaelnadal)がシェアした投稿


モンテカルロ・マスターズはナダル選手が絶対的な自信を持つクレー(赤土)コートの大会。2005年に初優勝してから現在までに通算11回優勝している。2005年から2012年までの間には8連覇も果たした。

ATP(男子プロテニス協会)は公式サイトでナダル選手が優勝した11度の大会を振り返っている。

≪関連記事≫

錦織圭や大坂なおみも登場 ATPとWTAが週間番組をスタート、第1回では医療従事者へ感謝のメッセージ

錦織圭がファンの質問に回答「最近ケーキ作りにはまっている」 本田圭佑からの質問も

グリゴール・ディミトロフ、故郷ブルガリアの病院に人工呼吸器を寄付

西岡良仁「いつ終息するか分からないというのはとても怖い」 ウィンブルドン中止を受けて

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします