メジャー通算251勝のCC・サバシア、これまで見た中で最高の野球選手は「大谷翔平」

ニューヨーク・ヤンキースなどでプレーし、昨シーズン限りで引退したCC・サバシアさんが、自身のポッドキャストで「これまで見てきたなかで最高の野球選手は大谷翔平だ」と語った。

メジャーリーグで19シーズン戦い、数々の名選手と対戦してきたサバシアさんをして「メジャーリーグのレベルでは誰もやったことがないことをやっている」と言わしめた。

サバシアも「冗談だろ?」と驚く大谷翔平の二刀流

(c)Getty Images

2001年にメジャーデビューしたサバシアさんは、メジャー通算251勝を挙げ、最多勝のタイトルも2度獲得。球界を代表する左腕のひとりだった。

ヤンキースではデレク・ジーターさん、アレックス・ロドリゲスさん、マリアーノ・リベラさんら錚々たるメンバーと肩を並べてプレーしたほか、マイク・トラウト選手、アルバート・プホルス選手、ミゲル・カブレラ選手ら球界を代表する強打者との対戦経験もある。

(c)Getty Images

「私は以前から言い続けてて、そのたびにみんなは笑うけど、彼は私がいままで見たなかで最高の野球選手だ

サバシアさんは、メジャーの舞台で投打の二刀流を実践した大谷投手について、これまでにはなかった存在だとしている。

「打球を900フィート飛ばしてボールを99マイルで投げるなんて冗談だろ? 他に誰がそんなことできる? メジャーリーグのレベルでは誰もできなかった

サバシアさんは大谷投手がロサンゼルス・エンゼルスを選んだことも良かったと語る。1年目の大谷投手は打率.285、22本塁打、61打点の成績を残したが、オープン戦ではメジャーならではの変化球や投球術に苦しみ「打者失格」の声も出た。

もし移籍後にすぐ結果を求められるヤンキースだったら、シーズンでは打席に立つ機会がなかったかもしれない。

参考:https://nypost.com/2020/04/28/cc-sabathia-on-shohei-ohtani-best-baseball-player-ive-ever-seen/

≪関連記事≫

大谷翔平、昨シーズンの反省やメンタルコントホール術を語る 特別インタビューが公開

渡邊雄太、LAで過ごした「濃い」1週間 大谷翔平や八村塁との写真も

「逆方向やのに飛ばしすぎやろ」大谷翔平の復帰後初アーチの飛距離に驚愕の声

地元紙記者が日本語で発信!大谷翔平の最新情報が得られるツイッターアカウント

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします