NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第4弾を公開

日本野球機構(NPB)は5月18日、選手とファンの野球に対する熱い思いを繋げる「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画の第4弾を公開した。

同プロジェクトは新型コロナウイルスによりプロ野球の開幕延期が続く間、また会える日まで野球で繋がろうと企画された。

ツイッター上でファンからキャッチボール動画を募集し、応募された動画と選手のキャッチボール動画を1つに繋げる。

今回も12球団を代表する選手が登場。それぞれプロ野球開幕に向けたメッセージとともにボールを繋いだ。

参加選手

  • 杉浦稔大投手(北海道日本ハムファイターズ)
  • 清田育宏選手(千葉ロッテマリーンズ)
  • 炭谷銀仁朗選手(読売ジャイアンツ)
  • 平田良介選手(中日ドラゴンズ)
  • 安達了一選手(オリックス・バファローズ)
  • 梅野隆太郎選手(阪神タイガース)
  • 甲斐拓也選手(福岡ソフトバンクホークス)
  • 會澤翼選手(広島東洋カープ)
  • 村上宗隆選手(東京ヤクルトスワローズ)
  • ジャバリ・ブラッシュ選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 佐野恵太選手(横浜DeNAベイスターズ)
  • 今井達也投手(埼玉西武ライオンズ)

≪関連記事≫

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第3弾を公開

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第2弾を公開

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画を公開

NPB選手会が新型コロナ感染拡大防止のために寄付 炭谷銀仁朗「選手会として少しでも力になれれば」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします