プロ野球マスコット図鑑 #01 レオ(埼玉西武ライオンズ)

プロ野球の開幕を待ちわびること幾星霜――野球恋しさに「本来であれば今頃はどうなっていただろう?」なんてことを、ついつい考えてしまう。

しかし「本来開幕していたら得られなかったもの」もあった。多くの選手たちがSNSを使った発信を積極的に行うようになったのだ。選手からファンへの「こまめな近況報告」は、この状況下だからこそ生み出されたものとも考えられる。

「球場に来ることが叶わない今だからこそ、ファンの方々に元気な姿を見せたい」と行動を始めたのは、選手だけではない。埼玉西武ライオンズレオとライナが取材に快諾してくれたのだ。

©SEIBU Lions

今回は『Bリーグマスコット図鑑』シリーズと同じ形式で、“日本一有名なマスコットきょうだい”のお二人にお話を伺った。今回は兄であるレオから紹介していきたい。

※本インタビューはオンラインにて実施しています

レオについて

©SEIBU Lions

  • お名前:レオ
  • ご年齢:ひみつ
  • 家族構成:いもうとのライナ
  • レオに会える場所:メットライフドームでまってるよ♪
  • SNS:チーム公式Twitter

レオ個人のSNSアカウントはないが、ライナのTwitterによく登場しているので、ぜひチェックしてみてほしい。

もっと知りたい レオのこと

©SEIBU Lions

――チームの選手・チア・スタッフで、仲がいいのは誰ですか?

レオ:「チームのみんなとなかいいよ!そのなかでもつじかんとくとよくはなすよ!」

――「これだけは誰にも負けない!」という特技があれば教えて下さい

レオ:「アクロバット」

©SEIBU Lions

――他チームでライバル視しているマスコットさんはいますか? または、仲のいいマスコットさんはいますか?

レオ:「アクロバットをやるマスコットには、まけないようにがんばる!みんなでアクロバットについてかたりたいね!」

やはり、特技であるアクロバットについては強い想いがあるようだ。毎年NPBオールスター・ゲームでは、12球団マスコットが集いパフォーマンスを披露していたが、残念ながら2020年の開催は中止となってしまった。こうなったらプロ野球マスコットたちによる「アクロバット座談会」だけでも、ぜひ実現させてほしい。

運動神経バツグンで、心優しいレオ。「現在お付き合いされている方はいらっしゃいますか?」と伺ったところ、

レオ:「いないよ!ファンのみんながこいびと」

とのこと。回答までイケメンである。

チームのみんなにもレオのことを教えてもらいました

レオについてチーム関係者の方からお話を伺えればと思っていたところ、何と辻監督がコメントを寄せてくれた。

「(レオは)会うたびにいつも、「僕は肉が大好きなんだ!焼肉に連れて行って!」とせがんでくるんだよ(笑)試合の直前には、他愛もない話もしますよ。

©SEIBU Lions

レオが得意なバク宙(バック宙?)はとにかくすごい!あの高さや力強さは間違いなく12球団イチだよね!」(埼玉西武ライオンズ・辻󠄀発彦監督より)

辻監督が絶賛するレオのバク宙は、イベントなどでも披露されることもあるが、試合勝利時のパフォーマンスは最高だ。歓喜に湧くメットライフドーム、レフトスタンドに向かって助走を付け鮮やかに宙に舞うレオの姿……まさに『地平を駆ける獅子』そのもの。あの瞬間に心奪われた人も多いことだろう。

元々マスコットが好きな人はもちろん、名前くらいは知っているという人も、ぜひこの期間にプロ野球チームマスコットに注目してみよう。球場に行く楽しみが増えるはずだ。

文:戸嶋ルミ
画像提供:西武ライオンズ

≪関連記事≫

プロ野球マスコット図鑑 #01 レオ(埼玉西武ライオンズ)

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします