【Bリーグマスコット図鑑 #09】グラッキー(富山グラウジーズ)

Bリーグのマスコットのみなさんを紹介する連載企画【Bリーグマスコット図鑑】、第9回は富山グラウジーズグラッキーが登場。

切れ長な瞳の持ち主で、鳥類スポーツマスコット界でもトップクラスのイケメン。長身から繰り出す華麗なダンスステップ、そして時折見せるやんちゃな一面に心掴まれたファンは数しれず。北陸エリアマスコット界の雄、グラッキーの魅力に迫る。

※本インタビューはオンラインにて実施しています

グラッキーについて

©TOYAMAGROUSES

  • お名前:グラッキー
  • ご年齢:14さい
  • 背番号:076
  • ご出身地:たてやまれんぽう
  • グラッキーに会える場所:たてやまれんぽう

グラッキーはチーム名のグラウジーズの「グラ」と「ラッキー」をかけ合せて名付けられており、富山県の鳥である雷鳥(ライチョウ)をモチーフにしたマスコットだ。本物の雷鳥よろしく、グラッキーは立山連峰の標高2,000メートル以上の高山帯に在住されているそうで、試合開催時は“飛んで”駆け付けるとのこと。

B.LEAGUE初年度の2016年12月24日に10歳の誕生日を迎え、現在14歳。チーム公式SNSアカウントではグラッキーが投稿することも……。また、チーム公式Youtubeチャンネルではグラッキーが司会を務めるシリーズ『教えてグラッキー!』などもある。チーム情報とあわせてチェックしてほしい。

富山グラウジーズ:TwitterInstagramYoutube

もっと知りたい グラッキーのこと

©TOYAMAGROUSES

――チームの選手・チア・スタッフで、仲がいいのは誰ですか?

グラッキー:「#11 うとなおき(かたおもい…)

グラッキーの想い人、#11 宇都直輝(うと・なおき)選手。オールスターゲームでも宇都選手の隣の席をキープするなど抜かりない。

――「これだけは誰にも負けない!」という特技や、「ここを見て!」というアピールポイントを教えてください

グラッキー:「ダンス」

©TOYAMAGROUSES

チームのみんなにもグラッキーのことを教えてもらいました

グラッキーの特技&アピールポイントであるダンスは、グラウジーズのエンターテイメントダンスチーム『G.O.W』のメンバーからも一目置かれている。

©TOYAMAGROUSES

2019-20シーズン G.O.WEliteメンバーのリラさんは、「グラッキーのここがスゴイ!」ポイントとして、

「G.O.W並みのキレキレダンスが踊れるところ!」

とコメントしてくれた。Bリーグマスコット界は『踊れる』マスコットが多いが、中でもグラッキーは長身なのでダンスに迫力が感じられる。

両腕にたなびく羽も『YOUNG MAN(YMCA)』を踊る西城秀樹よろしく華やかだ。鳥類マスコットならではの良さ、これはぜひホームアリーナで観るべきパフォーマンスである。

©TOYAMAGROUSES

残念ながら途中で終了しまった2019-20シーズンだったが、#13 前田悟(まえた・さとる)選手が最優秀新人王を獲得するなど明るい話題もあった。若手選手の台頭、そしてグラッキーの片想いの行方など見どころ満載なグラウジーズ。来季の開幕が非常に楽しみである。

≪文・戸嶋ルミ≫

≪関連記事≫

【#Bリーグマスコット図鑑 増刊号】「みんなでつかんだ3れんぱ!」千葉ジェッツふなばし・ジャンボくんBリーグマスコット総選挙1位記念インタビュー

【Bリーグマスコット図鑑 #07】ブレッキー(宇都宮ブレックス)

【Bリーグマスコット図鑑 #08】クイッキー・デッチ(青森ワッツ)

プロ野球マスコット図鑑 #01 レオ(埼玉西武ライオンズ)

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします