ベルギー代表・ルカクの体格は”冷蔵庫”?イングランドではチャントも作られていたことが発覚

6月18日に行われたFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)で、グループG初戦に臨んだベルギー代表がパナマ代表を3-0で下した。

FIFAランク上位チームが白星を逃し続ける嫌な流れもあったが、ベルギーは幸先の良いスタートを切っている。

ベルギーが3発快勝で白星スタート

立ち上がりからパナマを圧倒したベルギーは、波状攻撃を仕掛けて次々に相手ゴールへ襲いかかる。しかし、パナマも最後のところでは踏ん張り、FIFAランク3位の格上に得点を許さず前半は0-0で折り返した。

試合が動いたのは後半の立ち上がりだった。エデン・アザール選手が頭でつないだボールを、ドリース・メルテンス選手がボレーで蹴り込みベルギーが先制する。

この1点で初戦の緊張から解き放たれたのか、ここからベルギーの動きが活発になる。後半24分にケビン・デ・ブルイネ選手のクロスにロメル・ルカク選手が頭から飛び込み追加点。同30分にもルカク選手がゴールを奪いベルギーは3-0で勝利を収めた。

ルカクは冷蔵庫が原付の速さで走るようなもの?

この試合で2ゴールを奪ったルカク選手について、試合中からツイッター上には「冷蔵庫」と評する投稿が多く寄せられている。

きっかけはテレビでタレントのJOYさんが、「ルカクの体格は冷蔵庫みたいなもの」と発言したことだった。

190センチ、93キロの大柄でありながら、足も速く機敏に動けるルカク選手のプレーを表現するのに分かりやすい言葉はすぐに広まった。

ルカクはイングランドでも冷蔵庫に喩えられていた

実はルカク選手が「冷蔵庫みたい」と言われるのは、今回が初めてではない。イングランドのファンの間でもルカク=冷蔵庫の認識がある。

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン時代には、ルカク選手を「冷蔵庫よりデカいぞ」と歌うチャントまで作られたくらいだ。

ルカク woah
ルカク woah
彼はスタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)からやってきた
彼は冷蔵庫(fridge)よりもデカいぞ

チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジと冷蔵庫を掛けた言葉遊びが光る。

2011年にイングランドのチェルシーに移籍したルカク選手だが、当時まだ18歳だったストライカーは各国代表が集うチームで出場機会を得られず、同じリーグのウェスト・ブロムに期限付き移籍に出された。

そこでリーグ戦35試合に出場して17ゴールの成績を収める。大活躍の大型ストライカーを称えて、ウェスト・ブロムのサポーターたちは声をそろえて歌った。

「ルカクは冷蔵庫よりデカいぞ!」

≪関連記事≫

ベルギー代表 ルカクってどんな人?私生活や人柄に迫る「牛乳を水で薄めて飲んだ少年時代」

ベルギー代表エデン・アザールってどんな人?生い立ちや人柄、私生活に迫る

ベルギー代表 デ・ブライネってどんな人?8歳のころ所属チームのコーチに「他のチームの方が練習の質が高い」

ベルギー代表・コンパニが優しい!遅延行為のエムバペを優しく抱きかかえる

ハリー・ケインってどんな人?生い立ちや人柄、私生活に迫る

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします