【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、まさかの電撃参戦 試合順も決定、メインは朝倉海vs堀口

12月31日のさいたまスーパーアリーナ「Yogibo presents RIZIN.26」の試合順が発表された。発表された全16カードのなかには、YouTuberとしても活動中のプロレスラー、シバターの名前も含まれている。

【関連】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

【画像】「RIZIN.26」全16カード試合順一覧

メインマッチは朝倉海堀口恭司によるRIZINバンタム級タイトルマッチ(RIZIN MMAルール、5分3ラウンド)。朝倉が鮮烈なKO勝利を収めた試合以来、1年4ヵ月ぶりとなる待望の再戦となる。

セミファイナルは先日発表されたばかりの、那須川天心vsクマンドーイ・ペットジャルーンウィットとなっており、RIZIN キックボクシングルールでの実施となる。

また、朝倉未来vs弥益ドミネーター聡志戦は第13試合、五味隆典vs皇治のスペシャルマッチは第12試合にそれぞれ設定されている。

「RIZINやるやん、意外と頭柔らかいんだね」

今回の発表で“電撃参戦”が明らかになったのが、第3試合に名前を連ねたシバターだ。

これまで、自身のYouTubeチャンネルでRIZIN側に参加の直談判を行う姿などを投稿していたが、晴れて大晦日の舞台に立つ格好となった。

しかし、THE OUTSIDERやパンクラスなどへの参戦経験はあるものの、RIZINでの実力を疑問視する声があるのも事実。シバターは23日深夜に公開した動画内で、「格闘技を知らない人も楽しめるカードがそこになきゃいけない」と語り、“英断”を下したRIZINについても「RIZINやるやん、意外と頭柔らかいんだね」と語った。

注目の対戦相手は現時点では未定。朝倉兄弟や那須川が視聴率獲得への意欲を語っていた今年のRIZINだが、大晦日に向けて「攻めのマッチメイク」で早くもファンを盛り上げている。

【画像】「RIZIN.26」全16カード試合順一覧

文・SPREAD編集部

【総合格闘技】「RIZIN.26」弥益ドミネーター聡志が公開練習 朝倉未来撃破へのカギを語る

【総合格闘技】「RIZIN.26」那須川天心に挑むタイの強豪・クマンドーイとは? 海外メディアは“攻撃的スタイル”を高評価

【総合格闘技】「RIZIN.26」那須川天心が語った矜持「僕がいない大晦日なんてありえない」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします