【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、試合後ドローから「一本勝ち」に変更 検証により結果が覆る

(C)RIZIN FF

Yogibo presents RIZIN.26」が31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第3試合・スペシャルワンマッチ(1R:キックボクシングルール、2R:MMAルール)「HIROYA vs シバター」はドローとなったが、試合後の検証でシバターの勝利(2R 0分38秒 S:腕十字固め)に変更となった。

【関連】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

“魔裟斗二世”の異名を持つキックボクサーのHIROYAと対戦したシバターは、1R終盤にはダウンも奪うなど奮闘。

2Rには、シバターが腕ひしぎ十字固めを決め、HIROYAがタップしたかにも見えたが、このタイミングでは一本の判定にならず。試合はそのままドローとなった。

しかし試合後の検証で、アームバーによるタップアウト(2R、0分38秒)によりシバターの勝利と変更がアナウンスされた。

大方の予想を裏切る奮闘をみせたシバターだが、まさかの展開で白星獲得となった。

文・SPREAD編集部

【総合格闘技】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします