フランス代表最年少ゴールのムバッペ、SNS上では同い年のユーザーが驚きの声

1998年以来の優勝を目指すフランス代表が連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

フランス代表は、6月21日に行われたFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2節で、ペルー代表に1-0の勝利を収め2位以上を確定。

フランス代表のアカウントは試合後にツイッターを更新して、キャンプ地に戻る機内の様子を公開している。

まずはグループ突破のミッションを遂行できたことで選手たちの顔にも笑顔が見られた。

フランス代表の最年少ゴール記録を更新

フランスは前半34分にポール・ポグバ選手が前線でボールを奪取し、エリア左のオリヴィエ・ジルー選手にパスを出す。

ジルー選手のシュートは相手DFに阻まれたが、高く跳ね上がったボールをキリアン・ムバッペ選手が押し込み決勝点を挙げた。

FIFA公式が伝えたところによると10代の選手がW杯でゴールを挙げるのは、フランス代表史上初のことだった。

🙈✅🇫🇷 @equipedefrance

A post shared by Kylian Mbappé (@k.mbappe29) on

SNS上では同世代から驚きの声が

19歳183日でフランス代表のエースナンバーを背負い、W杯初ゴールも決めたムバッペ選手には、同世代から驚きの声が寄せられている。

  • 「ムバッペが同い年とかやばいな」
  • 「冷静に考えて同い年がフランスで10番背負ってワールドカップで点決めてるとかやば」
  • 「同い年で国の代表でプラティニジダンと同じ10番背負って点決めたよ半端ないってムバッペ」
  • 「同い年やのにフランスの10番とかカッコよすぎる」

≪関連記事≫

若干19歳にしてフランスのエースナンバーを背負うムバッペ、ボクシング界の”伝説”との2ショットを公開

ロシア入りしたフランス代表の仲が良さそう…勝利ポーズの練習なども

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします