「乾のゴールは3018年からやってきた」…どういうこと?

6月24日に行われたロシアW杯の日本代表対セネガル戦(2-2)で1得点、1アシストを記録するなど活躍した乾貴士選手。

前半33分、左ペナルティエリア後方で長友からボールを受けると、美しく弧を描く軌道のシュートをすばやく放ち、ゴール右隅に叩き込んだ。

(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

Twitter上ではこの鮮やかなゴールに対する賞賛と共に、乾選手の名前に関する指摘でも盛り上がった。

「私たちは2018年を生きているが、乾貴士選手は3018年を生きている」

どうやら乾(INUI)の名前が刻印されたユニフォームは、逆から読んでも「INUI」と違和感なく読めることを指摘したツイートのようだ。「乾のゴールは3018年から日本を救いにきたゴールに違いない」などの感想も寄せられた。

しかし、単純に反対から読むなら、「3018」ではなく「8012」の方が自然な読み方だと思うのだが…。実際にそういった指摘も寄せられていた。(ツイート主からの訂正は、6月25日10時時点ではない)

ツイート主の意向は定かではないが、いずれにせよこの試合の芸術的なゴールと、アルファベットで逆から読んでも「INUI」と読める特徴的な名前は、より乾選手の存在を印象付けたようだ。

 

≪関連記事≫

セネガル代表サディオ・マネ、小さな村の貧しい少年がプロになるまでの”人生”と支えとなった”家族”の存在

本田圭佑、セネガルの弱点を見つける「すでに分析した」

「大迫半端ないって」に関西からツッコミ?方言を巡った議論がTwitterトレンド入り