【野球】殿堂入りすべきは「記録の神様」 故・宇佐美徹也氏

(C)Getty Images

野球殿堂博物館は17日、本年度の野球殿堂入りを発表、日米で活躍した野茂英雄氏、佐々木主浩氏らが選出され話題となった。

しかし、その陰で非常に残念な知らせが届いた。アマチュアや審判員などを対象とした「特別表彰」部門において「記録の神様」の異名を持つ故・宇佐美徹也氏が、得票数ゼロで殿堂入りの資格を失った。つまり、殿堂入りが限りなく難しくなったことを示唆している。

プレーヤー部門が、プロ野球取材歴15年以上の記者により投票されるのに対し、特別表彰は「有識者」により構成される「特別表彰委員会」によって選出される。だが、この委員会、よほど野球に理解のないメンバーなのだろう。特別表彰も取材記者による投票であったなら、間違いなく宇佐美氏は殿堂入りを果たしていたに違いない。プロ野球取材記者ほど、記録の重大さを理解している職業はないからだ。

■NPBのデータベース「BIS」の開発にも尽力

宇佐美氏は1933年、栃木県出身。56年からパシフィック・リーグ記録部員となり、後に報知新聞社に入社、記録部長、編集委員を歴任した。

1988年に日本野球機構(NPB)入りすると、それまでスコアシートで管理されていた過去の記録をデータベースで管理する「ベースボール・インフォメーション・システム(BIS)」の開発に尽力。現在のプロ野球記録報道の礎を築いた。

現在、我々がテレビ、新聞などで目にする「公式記録」はすべてこの「BIS」を元に掲出されているとして過言ではない。スポーツ紙に掲載される投手成績や打撃成績からチーム順位に至るまで、すべて「記録の神様」の哲学が反映されている。宇佐美氏なくして、現在のプロ野球記録配信は存在しなかった。

氏は78年よりシーズン毎に全記録をまとめた「プロ野球全記録」を監修。病気療養の為、2004年が最後の版となり、2009年、急性呼吸不全のため、永眠された。なお、元パ・リーグ記録部長で宇佐美氏の“師匠”でもある故・山内以九士氏、「週刊ベースボール」などへの寄稿でも知られる千葉功氏と合わせ「記録の三大神様」とされている。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします