【サッカー】久保建英、初スタメンでチームに白星「タケの貢献には大変満足」

(C)Getty Images

スペインリーグ・ヘタフェは20日、ウエスカとのホーム戦に1−0で勝利した。11日のエルチェ戦で移籍後即出場したMF久保建英は、右サイドハーフで初のスタメン出場。持ち味を発揮して勝利に貢献し、2戦連続で放った輝きを地元メディアも好意的に報じている。

◆久保建英、ヘタフェ移籍後初戦での地元メディア評価は?

久保は前半からフリーキックでゴールを狙うなど、積極的に攻撃に参加。技術を生かして右サイドを突破するシーンを演出するなど、79分にベンチに退くまで2戦連続で印象に残るパフォーマンスを披露した。ヘタフェは70分にMFマウロ・アランバリが先制ゴールを決めると、そのまま守りきり今季初の連勝を決めた。

■「ヘタフェで目についたのは、久保の存在感だ」

地元紙「as」電子版も久保の活躍を高く評価している。記事では久保について「卓越していた。テクニックを生かした壮観な動きを前半に披露した。ハビ・ガランとのデュエルは前半の見ものであった」と評している。

また、地元メディア「rtve」も「ヘタフェで目についたのは、久保の存在感だ。ホセ・ボルダラス監督の期待に応え、チームの中心となるべく奮闘していた」と報じ、移籍2戦目にして早くもクラブにとって欠かせない存在としている。

ヘタフェの公式Twitterは試合後のボルダラス監督のコメントを掲載し、「タケと(カルレス・)アレニャの加入は嬉しい。短い期間しかなかったが、2人は完璧に適応してくれている。タケの貢献には大変満足している」と手応えを口にした様子を紹介している。

2戦続けて結果を残したことで、久保に対する評価も改めて上昇中。レギュラー定着とさらなる活躍に向けて、周囲からの期待も高まる一方だ。

ヘタフェ久保は“開始18秒弾”演出も、チーム大敗に地元紙から辛口評価

【サッカー】久保建英、新天地デビュー戦で躍動 地元紙も称賛「笑顔を取り戻した」

「久保くん」はNG?久保建英の呼び方で議論再燃

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします