【競馬】AJCC 過去10年で1勝の4歳馬より、好走条件にハマる古豪3頭が面白い

先週の日経新春杯は1番人気のアドマイヤビルゴが10着に敗れ、格上挑戦だった7番人気のショウリュウイクゾが勝利。2着に13番人気のミスマンマミーアが入り、3連単96万1790円と荒れた。

今年の古馬重賞は波乱続きの予感がする。実際、年明けの古馬重賞で1番人気が制したのは、ここまで中山金杯のヒシイグアスのみで、

2021年古馬重賞の1着馬と1番人気馬

中山金杯  1着 ヒシイグアス(1人気)
京都金杯  1着 ケイデンスコール(12人気)
      5着 シュリ(1人気)
愛知杯   1着 マジックキャッスル(2人気)
      11着 センテリュオ(1人気)
日経新春杯 1着 ショウリュウイクゾ(7人気)
      10着 アドマイヤビルゴ(1人気)

と、1番人気は【1-0-0-3】。せめて、2、3着の馬券内に入ってほしいところだが、散々な結果となっている。

例年、年明けの競馬は荒れる傾向にあるのだが、理由はシンプルに、実力馬は年内に出走して、年明けは休養に充てることが多いため。

とはいえ、今年はとくに大荒れ続きであり、古馬トップクラスが続々と引退したことも要因の一つではないか。

◆アリストテレスに降りかかる連対率0%のデータ

さて、今週日曜はAJCC(アメリカジョッキークラブカップ)と東海SのGII2鞍。荒れる古馬重賞とはいえ、過去10年で1番人気【5-0-3-2】の東海S、【2-3-0-4】のAJCCという数字を見れば、馬券的にはAJCCが面白い。

■過去の実績馬が得意条件で復活する

今年のAJCCは、昨年のクラシック路線を歩んできた明け4歳馬が中心となる。菊花賞三冠馬・コントレイルをクビ差まで追い詰めたアリストテレス弥生賞勝ちのサトノフラッグ日本ダービー3着のヴェルトライゼンデらが出走。

しかし、過去10年、AJCCにおける4歳馬の成績は【1-4-3-10】で勝率わずか5.6%。5歳馬は【4-1-3-15】、6歳馬は【3-1-2-25】、7歳以上は【1-3-1-46】と、5歳以上の活躍が目立ち、4歳3強にも付け入る隙はありそうだ。

そもそも、実績のある4歳馬がAJCCに出走してくるケースが少ないのは事実。しかしながら、2019年には前年の菊花賞馬・フィエールマンが2着に敗れ、これを制したのは7番人気のシャケトラだった。

そのシャケトラをはじめ、単勝10倍以上の伏兵で好走した馬を見渡してみると、

2年以上前に重賞好走歴がある

非根幹距離の好走歴がある

というキーワードが出てくる。2019年7番人気1着のシャケトラは、2017年の日経賞(中山芝2500m)で1着、同年の宝塚記念(阪神芝2200m)でも4着と、非根幹距離での実績があったが、その後に怪我で長期休養。AJCCは7番人気の低評価を覆す勝利だった。

2018年8番人気3着のマイネルミラノは、2016年の函館記念(函館芝2000m)1着。ここは根幹距離だが、その後、重賞戦線では精鋭を欠きながら、2017年のオールカマー(中山芝2200m)は4着と、非根幹距離のレースで善戦していた。

2011年6番人気2着のミヤビランベリは、2009年のアルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)1着。前走、1年ぶりの復帰戦となった中日新聞杯で18着と殿負けを喫し、AJCCは6番人気で挑んでいた。

■穴馬の好走条件に当てはまる伏兵3頭

中山芝2200mという特殊な舞台。加えて、前年の実績馬の出走が少ないここでは、過去に重賞実績がある古豪が、得意の非根幹距離で息を吹き返す、というパターンは想像がつく。

ここで狙ってみたいのが、2018年に重賞2勝の実績があるジェネラーレウーノ。休養前は2018年のセントライト記念(中山芝2200m)1着、2019年のAJCC(中山芝2200m)4着と、非根幹距離での実績が光る。加えて中山は【3-0-1-2】と得意の舞台で、復帰3戦目のここで復活は、過去の事例とドンピシャに当てはまる。

しかしながら、ジェネラーレウーノはいかにも穴人気しそうな存在のため、今回はもう2頭ピックアップ。

前年の宝塚記念3着と直近での好走はあるが、「非根幹距離の好走歴」を買ってモズベッロ。4勝のうち2勝が非根幹距離で、前述の宝塚記念のほか、昨年は日経賞(中山芝2500m)の好走歴もある。前走・外傷明けで急仕上げだった有馬記念の15着は度外視できる。

もう1頭、こちらは「2年以上前に重賞好走歴」という点でノーブルマーズ。2018年には目黒記念2着、宝塚記念3着と、非根幹距離の適性も申し分なし。近走は低調だが、それでも2020年の京都記念(京都芝2200m)4着、目黒記念(東京芝2500m)4着と、やはり非根幹距離になると善戦してくる馬。馬券の相手に入れておくと面白い。

【競馬】藤田菜七子、サウジの国際騎手招待競走に選出 昨年は落馬負傷で断念

【競馬】AJCC アリストテレスら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。

twitterアカウントはこちら⇒『SPREAD』編集長・山田

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします