【サッカー】出場停止明けのメッシが同点弾 バルセロナ逆転でベスト8進出

(C)Getty Images

スペインサッカーのカップ戦であるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の4回戦、ラージョ・バジェカーノ(2部)FCバルセロナが27日、エスタディオ・デ・バジェカスで行われ、1-2でバルセロナが勝利した。

バルセロナのスタメンには、18日の試合で一発レッドカードをもらい、2試合出場停止処分を受けていたリオネル・メッシが復帰戦として名を連ねていた。

序盤からバルセロナが主導権を握り再三攻撃を仕掛けるも、決定打に欠け得点を奪えないままスコアレスで前半が終了。逆に後半18分、攻め込まれたバルセロナは、自軍のゴール前のこぼれ球を走り込んできたフラン・ガルシアに押し込まれ、先制を許してしまう。

同点に追いつきたいバルセロナは後半24分、スルーパスからエリア左でボールを受けたアントワーヌ・グリーズマンがこれを中央へ折り返し、逆サイドのメッシが丁寧に左足で流し込みゴールネットを揺らす。

さらに後半35分、控えてボールを受けたメッシが空いた左前方へループパスを送ると、抜け出したジョルディ・アルバこれを受けてダイレクトでゴール前へ。このパスに飛び出してきたフレンキー・デ・ヨングが右足で合わせ、逆転に成功した。

試合はこのままホイッスル。バルセロナが格下相手に苦戦を強いられつつも、メッシの同点弾と起点とした2点目でベスト8進出を決めた。

【サッカー】チェルシーがトゥヘル新監督を発表 10位から巻き返しなるか

【サッカー】久保建英、初スタメンでチームに白星「タケの貢献には大変満足」

【サッカー】Jリーグ、2021年開幕カード発表 王者・川崎は横浜Mと対戦

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします