【野球】プロ野球記録員の仕事 荒井記録部長の追悼として

(C)Getty Images

■野球は記録のスポーツ、記録員抜きではプロ野球の歴史さえもない

◆野球の記録には特殊なケースも、その傍ら地元少年野球チームの指導にも尽力

五輪二大会連続金メダリスト柔道の斉藤仁が、元中日・阪神大豊泰昭が……日本スポーツ界の訃報が続いている。

そんな著名選手訃報の陰で20日、一般社団法人日本野球機構(NPB)の前記録部長荒井隆人氏の葬儀が取り仕切られた。荒井氏は2014年いっぱいまで記録部長を務め、プロ野球の公式記録を見つめて来た。

野球は記録のスポーツである。投手打者……その一挙手一投足を、書き止められたスコアブックから思い起こすことができる。そのひとつひとつの数字を公式の記録に仕立てるのが各試合に派遣されている記録員だ。

判りやすく表現すると、各球場のバックスクリーンに表示される「HEFs」、つまりヒットエラーフィルダーズチョイスのどれか……を判断するのが記録員であり、記録員が書き込むスコアカードがそのままプロ野球の全記録となる。記録員抜きではプロ野球の歴史さえもない。

記録員の仕事は過酷でさえある。オープン戦が始まれば全国津々浦々を渡り歩く。一軍だけではない。二軍戦もすべて網羅しなければならない。試合を観る……と言っても、ビールを飲みながら歓声を上げ観戦していれば良いわけではない。試合前のスターティングメンバーの確認を含め、ベンチ入りメンバーも記憶しておかなければならない。一旦「プレーボール」がかけられた後は、グラウンドで繰り広げられるプレーのひとつひとつ、すべてを記録する。7回に行われるグランド整備の時間がなければ、席を立つことも許されない。試合中、文字通りトイレも行けない状況となる。

■野球の記録には特殊なケースも

試合後は各番記者が、記録員が書き込んだスコアシートを待ち受けている。ニュースで報道される内容、翌朝の新聞に掲載される記録、ミスは許されない。

「野球の記録なんて打率や防御率を計算するぐらいなもんだろ。小学生じゃあるまいし簡単だよ……」とちょっと野球に馴染みがある方なら安易に考えがちだ。では、問題を出そう。試合は1対0、9回の裏二死満塁、カウントは3ボール2ストライク、勝っているのは先攻のチーム。ここで一点も与えられない。監督が勝負の采配に出る。ここでリリーフを投入。すると後攻側もピンチヒッターを送る。リリーフは初球で見事三振に切って取る。さて、この奪三振はリリーフ前の投手に付くか、それともリリーフした投手に付くのか。また、三振は下げられた打者に付くのか、それともピンチヒッターの打者に付くのか。

さて答えられるだろうか。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします