【格闘技】元RIZIN王者マネル・ケイプが遂にUFCデビュー プロハースカの初陣は延期

マネル・ケイプ(2019年12月31日、RIZINバンタム級タイトルマッチ・朝倉海戦) (C)RIZIN FF

RIZINバンタム級王者マネル・ケイプと、元RIZINライトヘビー級王者イリー・プロハースカは、2020年に主戦場を海の向こうのUFCへと求めた。

UFCもコロナ禍で揺れる中、ふたりの元RIZIN王者はこの一年をどのように過ごしたのか。近況についてお届けしたい。

■マネルケイプ ファン待望の初戦は今週6日に

2019年12日31日に行われた『RIZIN.20』で、朝倉海を破り2代目のRIZINバンタム級王座を射止めたマネル・ケイプ。そして昨年3月末にはUFCとの契約を発表した。

◆【試合フル動画】朝倉海を2R38秒で圧倒 マネル・ケイプ、RIZIN王座戴冠に歓喜の「ナンダヨーオマエヨー」

UFCデビュー戦は当初、昨年8月『UFC 252』のホジェリオ・ボントリンとのカードであったが、両選手が相次いで足首を負傷したため白紙に。それから4か月後の昨年12月、今度は『UFCファイトナイト・ラスベガス17』でアレッシャンドリ・パントージャとのマッチアップが組まれたものの、対戦相手が新型コロナウイルス検査で陽性となったため、このカードはリスケジュールとなった。

そんなケイプだが、今週末『UFCファイトナイト・ラスベガス18』で待望のUFC初戦を迎える。対戦相手は先述のアレッシャンドリ・パントージャ。“ザ・カニバル”ことパントージャはフライ級5位(2日現在)につける実力者で、ここまでの成績は22勝5敗。なお2018年には佐々木憂流迦をリアネイキドチョークで沈めている。

『UFCファイトナイト・ラスベガス18』は6日(日本時間7日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXを舞台に開催予定だ。なおケイプは自身のTwitterに「2ラウンドもあれば、カタつけてやるよ」というコメントを投稿。今回の試合に対して自信を覗かせている。

■イリープロハースカ 2月末の試合は延期が発表される

もうひとりの元RIZIN王者イリー・プロハースカはRIZINの立ち上げ当初から参戦し、長らくライトヘビー級・ヘビー級を牽引してきた。2019年4月の『RIZIN.15』でキング・モーに勝利し初代ライトヘビー級王座を獲得。同年大晦日の『RIZIN.20』では1分55秒で挑戦者のCB・ダラウェイをマットに沈め、王座防衛に成功している。

年明けの1月にUFC挑戦を表明すると、初参戦となった昨年7月の『UFC 251』では、ヴォルカン・オーズデミアと対戦し右フックを決めて2RKO勝ち。初戦を白星で飾った。なおプロハースカは2日現在、ライトヘビー級5位にランクインしている。

2戦目は今月27日に開催予定の『UFCファイトナイト』で、相手は同級3位のドミニク・レイエス。同大会のメインイベントとして組まれていたが、先月30日にプロハースカが自身のTwitterにて試合の延期をツイートしている。

「27日の試合は延期になったが、近い将来にレイエスと戦うのを楽しみにしてるし、彼の一刻も早い回復を願ってる」

残念ながら今回のカードは流れてしまった模様。“チェコの怪鳥”が再びUFCのマットで躍動する姿を心待ちにしたい。

【格闘技】シバター、RIZINでHIROYAの腕を折らなかった理由 「格闘技に興味を持ってもらう試合を」

【格闘技】武尊、vs那須川天心“6月東京ドーム”報道に「自分の口で伝える」

【総合格闘技】吹き荒れるカーフキック旋風 完敗マクレガーも衝撃「経験したことない」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします