【サッカー】本田圭佑、ポルトガル移籍を発表 決断時の“リトルホンダ”との対話も明らかに

(C)Getty Images

サッカー元日本代表の本田圭佑が4日、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセへの入団を明らかにした。

本田はプレミアム音声サービス「NowVoice」に新実装されたライブ配信機能を使って移籍を発表。ポルティモネンセとは、今季終了までの半年間契約(6月末まで)を結んだと自身の言葉で発表した。

かつて、ACミラン加入時に「リトルホンダと対話した」という“名言”を残した本田だが、会見では同じくライブ配信に参加していたスポーツライターの木崎伸也氏から、今回の移籍でもリトルホンダとの対話はあったのかという質問も飛び出した。

この質問に対して本田は、「みんな『リトル自分』と会話してるでしょ」と“本田節”を披露。「(リトルホンダとの対話は)毎日してるんで」としながら、今回の移籍についても「ありがたくそのオファーを受け取っとけ」とその心境を語った。

移籍先を選ぶ中で悩みもあったとしながらも、自身の内なる声を信じて決断したポルトガル移籍。8カ国目となる新たな挑戦の行方が注目される。

本田圭佑がビッグマウス論「借金と似ている。返済ではないけど批判のリスクが伴う」

本田圭佑はブラジルでもカリスマ?「サッカーは世界共通の言語」を証明しちゃう

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします