原口元気が日本代表の歴史を塗り替えるゴール…数字と記録でベルギー戦を振り返る

日本がベルギーと戦い惜しくも敗れたFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦では、いくつかの珍しい記録が生まれた。

それも踏まえながら強豪との激闘を振り返ってみる。

日本代表が決勝トーナメントで初ゴール

日本は後半3分に柴崎岳選手のスルーパスから原口元気選手が先制点を奪ったが、このゴールは日本がW杯決勝トーナメントで奪った史上初の得点になった。

日本代表は2002年、2010年にもベスト16進出を果たしているが得点はなかった。

2002年はトルコと対戦して0-1で敗れ、2010年はパラグアイと対戦して0-0(PK戦3-5)だった。

乾貴士が日本人3人目の1大会2ゴール

日本は後半7分に乾貴士選手が無回転のミドルシュートを突き刺しリードを2点に広げた。このゴールで今大会の通算得点を6点とした日本は、2002年の日韓W杯で記録した5点を抜き史上最多を更新した。

乾選手はグループステージのセネガル戦でもゴールを決めており今大会2得点目。日本人選手の1大会2得点は稲本潤一選手(2002年)、本田圭佑選手(2010年)に次いで3人目。

粘り強い守備が光ったベルギー戦

イングランド・プレミアリーグでもトップクラスの選手がそろったベルギーの攻撃陣を、日本の守備陣は粘り強く抑え続けた。

前半のうちに日本が打たれたシュート10本は今大会の最多被シュート数だったが、日本は吉田麻也選手と昌子源選手のセンターバックコンビがロメル・ルカク選手を抑え最後の決勝ゴールに絡んだ以外は決定的な仕事をさせなかった。

プレミアリーグで6シーズン戦ってきた吉田選手は経験を遺憾なく発揮して、今大会では1試合最多となるクリア数14回を記録した。

W杯決勝トーナメントで2-0からの敗戦は48年ぶり

サッカーで2-0は危険なスコアと言われる。ここから過去に数多くの逆転劇が生まれたためだが、意外にもW杯ではイメージほど危険ではなかった。

W杯決勝トーナメントで2-0から敗戦を喫した先例は、1970年のイングランドまでさかのぼらねばならない。このときは西ドイツ(現:ドイツ)が勝利を収めた。

3度目のベスト16進出はアジアで最多

今大会ではアジア勢として唯一ベスト16に進んだ日本だが、3度目の決勝トーナメント進出はアジアでは単独最多となる。

また、決勝トーナメントに進んだのは日本だけだったが、今大会でアジアから出場した5ヶ国は合計勝ち点15を挙げており、アジアの出場枠が4ヶ国以上になった1998年大会以降では最多だった。

≪関連記事≫

新チームで変わる「キャプテンの役目」…日本代表のキャプテンは長谷部誠から青山敏弘へ

多くの人に愛される乾貴士、古巣エイバルからメッセージ「敗れはしたがあなたを誇りに思う」

日本が次回こそ勝つために…惜敗のベルギー戦に次期監督候補・クリンスマンからダメ出し

ベルギー代表エデン・アザールってどんな人?生い立ちや人柄、私生活に迫る