長谷部誠が代表引退…カタールW杯に向けて現代表選手たちの決断は?

FIFAロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメントでベルギーに敗れ、今大会を去ることになった日本は、これまで主力を務めてきた選手の多くが30歳前後になり、4年後のカタールW杯に向けて大幅なメンバー入れ替えが予想される。

そんななか試合後に長谷部選手が自身のインスタグラムを更新して代表引退を表明した。

代表としてプレーすることは大きな誇りだった

「僕個人としては、この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います」

代表は選ばれてなるもののため、選手から引退を口にするのは自分本位だと承知していると言う長谷部選手だが、「2006年から約12年半という長い間共に戦った仲間たち、多大なるサポートをして下さった日本の皆様に感謝の気持ちを伝えさせていただきたい」と、キャリアの区切りを自ら発表することにした。

日の丸を胸に戦う時間は誇りであり、なにものにも代え難い素晴らしいものだったと代表で戦う意義を語り、この期間に仕事を共にした7人の代表監督やスタッフ、チームメイトたちに感謝した。

「特に主将を務めさせていただいた8年間は皆に支えられてばかりでした。貴方達と共に同じ時代に戦えた事は幸せでした」

そして最後に代表活動を支えてくれたサポーターたちにメッセージを贈る。

「12年半の間、様々な事がありました。歓喜も失望も共に味わいましたね。良いときもそうでないときも僕たちの背中を押してくださいましたね。皆様と共に歩んだ時間は僕にとって大切な宝物です。心から、ありがとう!! 」

「最後になりますが、これからは僕も日本代表チームのサポーターです。一緒に日本代表チームに夢を見ていきましょう!!!」

View this post on Instagram

まず始めに、ロシアW杯での日本代表チームへの多大なるサポート本当にありがとうございました。 皆様からの力が日本代表チームを前へと押し進めて下さいました。本当に感謝しています。 そして僕個人としては、この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います。 日本代表という場所はクラブとは違い、いつ誰が選ばれるかわからないところであるので、いち選手からこのように発信する事は自分本位である事は承知しています。 しかし、2006年から約12年半という長い間共に戦った仲間たち、多大なるサポートをして下さった日本の皆様に感謝の気持ちを伝えさせていただきたいと思い、こうして書かせていただいています。 日の丸を胸に戦った時間は僕にとって誇りであり、なにものにも代え難い素晴らしいものでした。 共に戦った7名の監督方、コーチングスタッフ、代表スタッフのみんな、そして素晴らしきチームメイトたち、最高の仲間でした。 特に主将を務めさせていただいた8年間は皆に支えられてばかりでした。 貴方達と共に同じ時代に戦えた事は幸せでした。 そして日本代表サポーターの皆様、これまでのサポートに心からの感謝を伝えさせていただきます。 12年半の間、様々な事がありました。 歓喜も失望も共に味わいましたね。 良いときもそうでないときも僕たちの背中を押してくださいましたね。 皆様と共に歩んだ時間は僕にとって大切な宝物です。心から、ありがとう!! 最後になりますが、これからは僕も日本代表チームのサポーターです。 一緒に日本代表チームに夢を見ていきましょう!!! 長谷部誠

A post shared by 長谷部誠 Makoto Hasebe (@makoto_hasebe_official) on

前進し続ける日本サッカー、4年後は誰が主役に?

代表として最後の試合を終えた長谷部選手は囲み取材に応え、過去のW杯を振り返りながら日本サッカーは前進していると語った。

「間違いなく前進していると思います。その前進はこれまでの日本サッカーの歴史…1998年、2002年、2006年、2010年、2014年というものがあっての積み上げだと思っているので、今回だけでこういう風なことが成し得たとは全然思ってないです」

長く日本代表の顔のひとりだった長谷部選手が去り、本田圭佑選手も「これが最後のW杯」と話している。

4年後に向けて各選手の決断からも目が離せない。

≪関連記事≫

ロシアW杯はベスト8に手が届かなかった日本代表…カタールで悔しさを果たせるか

ロシアW杯で評価を上げた日本代表…アジアカップへ向け若手との融合に注目

新チームで変わる「キャプテンの役目」…日本代表のキャプテンは長谷部誠から青山敏弘へ

レアル所属・中井卓大くん、身長高くなりすぎ!?乾貴士が2ショットを公開

吉田麻也から未来への提言「サッカー協会と選手は真剣に若手の育成を考えるべき」

原口元気が日本代表の歴史を塗り替えるゴール…数字と記録でベルギー戦を振り返る

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします